2007年 06月 24日
芦屋仏教会館
芦屋の近代建築その4

芦屋川を遡って北に進みます。JR線と交差する手前に寺院の様な、教会の様な、不思議な風情の3階立て建物が建っています。昭和2年、初代丸紅社長伊藤長兵衛が寄贈した宗教施設です。設計・片岡安
f0116479_22371491.jpg

f0116479_22314458.jpg

f0116479_22342370.jpg

頂部を尖らせた窓上部のアーチ要石、インド風の正面ペディメント、蓮を象ったステンドグラス等、東洋風デザインを随所に盛り込んだ独特の様式となっています。
f0116479_1531869.jpg

f0116479_1562191.jpg

f0116479_3352682.jpg

f0116479_201175.jpg

ステンドグラスは蓮をデザインしたもの。
f0116479_21550.jpg


f0116479_213543.jpg

f0116479_22159.jpg

戦後の一時期は市立図書館が置かれていたこともありました。その後図書館は打出町の旧逸身銀行の建物に移転しました。
f0116479_271132.jpg

f0116479_252965.jpg

この地(精道村)に居を構えた伊藤長兵衛は、自身の信仰する浄土真宗の布教施設として仏教会館を建立しました。当時は企業家が公共的な施設・建物を寄贈する例は珍しくなかった様です。(これらは多くが個性的なデザインを凝らした建築となっているのが特徴的です。)
f0116479_232941.jpg


by sunshine-works | 2007-06-24 03:40 | 近代建築 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hardcandy.exblog.jp/tb/5701649
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 旧山邑家住宅(ヨドコウ迎賓館)      芦屋警察署 >>