2007年 06月 16日
旧芦屋郵便局電話事務室

芦屋の近代建築その2

阪神芦屋駅とJR芦屋駅の間、阪神線とJR線に挟まれた芦屋市の中心市街の一角に建つこのスクラッチタイル貼の建物はかって逓信省時代に電話交換所として造られた施設です。
f0116479_22413145.jpg

昭和4年築 設計は逓信省技官の上浪朗
f0116479_23354751.jpg

1階と2階でタイルの色調を変えています。
f0116479_23444967.jpg

f0116479_2244643.jpg



正面側には半円形のアーチ窓が続きます。
f0116479_22493474.jpg

内側から見たアーチ窓
f0116479_22501859.jpg

全面に貼られたスクラッチタイルが美しい
f0116479_2252437.jpg

f0116479_22535541.jpg

f0116479_2255678.jpg

f0116479_23485455.jpg


垂直方向に貼られたレリーフタイルがアクセントとなっています。
f0116479_23111821.jpg

f0116479_23122454.jpg
f0116479_23124739.jpg

タイルは3数種の模様の繰り返しです。何をシンボライズしているのでしょうか。
f0116479_2313131.jpg

頂部にはライオンが飾られています
f0116479_23164678.jpg

正面入口周り
f0116479_23181187.jpg

f0116479_23184227.jpg

アーチ窓の内側はこの様な内廊下になっています。
f0116479_2319610.jpg

エントランスホール壁面の飾り
f0116479_23372526.jpg


逓信省、電信電話公社、NTTの各時代を電話局として長く使われていましたが現在は民間のウエディングハウスになっています。最近はこの様に古い銀行や庁舎を結婚式場に転用する例が増えています。クラッシックな雰囲気を活かす良い利用方法だと思います。
f0116479_224550100.jpg


by sunshine-works | 2007-06-16 23:05 | 近代建築 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hardcandy.exblog.jp/tb/5635736
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 芦屋警察署      旧逸身銀行(芦屋市立図書館打出分室) >>