2007年 03月 14日
旧新田邸(松山大学温山記念会館)
西宮の近代建築その10

昭和3年築。設計木子七郎。
旧甲子園ホテルの傍の閑静な住宅街にあります。
スパニッシュスタイルを基本としていますが一部に和風の要素も取り入れています。
f0116479_20442052.jpg


庭に面した正面側の景色
f0116479_20471567.jpg

f0116479_20553974.jpg

f0116479_20564623.jpg

f0116479_2058494.jpg


f0116479_2104934.jpg

水牛羊の吐水口
f0116479_2111113.jpg

暖炉の煙突のようです。
f0116479_2115234.jpg


この建物は愛媛県出身で大阪で皮革業やベルト製造業を興した新田長次郎が孫の新田利国の為に建てた邸宅です。設計者の木子七郎は愛媛県庁や各地の日赤関係建物を手掛けた有名な設計者ですが、新田長次郎の娘婿にあたります。新田の出身地である愛媛には木子七郎の設計した建築が数多くあります。

東側部分に和室が配されています。
f0116479_20515776.jpg

f0116479_20523658.jpg

北面の様子。
f0116479_20535443.jpg


玄関のある西面の様子
f0116479_2135551.jpg

f0116479_215859.jpg

玄関周り詳細
f0116479_2144599.jpg


f0116479_21285344.jpg

アーチ窓部分のステンドグラス
f0116479_2110439.jpg



エントランスにはスパニッシュタイルが貼られています。
f0116479_2161931.jpg

f0116479_2163857.jpg

タイルのアップ
f0116479_2172812.jpg


玄関脇の窓は独特のガラス(ビンの底の様な)が使われています。
f0116479_219294.jpg


玄関横にある照明器具
f0116479_2139078.jpg


現在は新田長次郎が設立した松山大学へ寄贈され同大学の関西セミナーハウスとして使われています。(温山とは長次郎の号。出身地の温泉郡山西村に由来)

神戸の旧室谷邸が最近取り壊されましたが、個人邸が維持保存されていくのはかなり難しくなっています。管理コストや相続税を考えると個人レベルでは到底対応できなくなっているようです。この新田邸のように寄贈の形で残されていくのは少数で、多くは惜しまれながら失われているのが現状のようです。

f0116479_22274485.jpg


by sunshine-works | 2007-03-14 22:41 | 近代建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://hardcandy.exblog.jp/tb/4854265
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 北夙川不可止 at 2011-06-13 03:06 x
はじめまして。地元の名建築を検索していて、こちらに行き当たりました。
新田邸の門は西側に向いていて、和室は正面から見て奥、つまり東側になります。「玄関のある南面の様子」とありますが、これも正しくは「西面」ですね。
Commented by sunshine-works at 2011-06-14 08:05
北夙川不可止さん こんにちは。
ご指摘の件、早速訂正させていただきます。
どうもありがとうございました。


<< 聖和大学      カトリック夙川教会 >>