2007年 02月 24日
多聞ビルディング
西宮の近代建築その6

昭和3年築・設計古塚正治。
西宮の酒造地域のはずれにある堂々とした建物です。
f0116479_10432790.jpg


長く八馬汽船の本社として使われていましたが現在は空屋となっています。
最初は1階が西宮銀行、2階が八馬汽船の本社でした。いかにも銀行建築を思わせる外観はその為でしょうか。
f0116479_1044839.jpg


八馬汽船は米穀商だった八馬家が起こした海運会社で歴代の船には多聞丸の名が付けられています。これは八馬家が信仰する毘沙門天(多聞天)に由来するものです。多聞の名称は八馬家の酒造会社多聞酒造の清酒名でも知られています。
f0116479_10482381.jpg


エントランスホールを貫くコリント式のオーダー柱
f0116479_10522623.jpg

f0116479_10493791.jpg

エントランス天井の飾り
f0116479_1054567.jpg


東面には4本のオーダー。
f0116479_10464458.jpg


f0116479_11145189.jpg

f0116479_1123449.jpg


f0116479_10581867.jpg

f0116479_11103919.jpg


f0116479_1123339.jpg


柱頭のアップ
f0116479_1111445.jpg




窓、扉はふさがれ内部がどうなっているのかわかりません。補修はされているようですが空家となってだいぶ経過しているようです。他の銀行建築の事例に倣って有効な活用を図れないものでしょうか。このまま眠らせて置くのはもったいない建物です。
f0116479_11132415.jpg


by sunshine-works | 2007-02-24 11:53 | 近代建築 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hardcandy.exblog.jp/tb/4681221
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 旧辰馬喜十郎邸      今津小学校旧校舎(六角堂) >>