2007年 02月 20日
今津小学校旧校舎(六角堂)
西宮の近代建築その5
今津村立小学校の校舎として明治15年に建てられました。現存する小学校の洋風校舎としては松本市の開智小学校についで古い建物です。
f0116479_2341569.jpg

正面玄関の上にあるバルコニーの形から六角堂と呼ばれています。
f0116479_2383690.jpg

f0116479_038226.jpg

この建物の建築費の大部分は地元からの寄付で賄われたとの事です。大阪でも神戸でもなく、村の小学校に当時最先端のモダンな校舎が住民主導で建てられた事は驚くべきことです。
f0116479_2331316.jpg

玄関廻り
f0116479_23324657.jpg

f0116479_2333672.jpg

f0116479_0331117.jpg

f0116479_039648.jpg

今津は灘五郷と呼ばれる酒造地帯の東端の郷にあたり、酒造業や関連産業が栄えた地域でした。地場産業の隆盛を背景とした教育に対する高い熱意がこのような立派な小学校を建てさせたのでしょう。
f0116479_0125847.jpg

裏側
f0116479_013414.jpg

西側面
f0116479_0144214.jpg

建てられてから120年、学校の敷地内を数回移転しているそうです。戦災や震災にも耐え、取り壊しの危機も乗り越えて来ました。公民館や幼稚園としても使われましたが現在は同小学校の資料館となっています。
f0116479_0324411.jpg

f0116479_2332612.jpg


by sunshine-works | 2007-02-20 01:04 | 近代建築 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hardcandy.exblog.jp/tb/4647519
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 多聞ビルディング      甲子園ホテル(武庫川学院甲子園... >>