2007年 02月 09日
甲子園ホテル(武庫川学院甲子園会館)1
西宮の近代建築その2
前回紹介した武庫大橋のすぐ傍にある素晴らしい建物です。見所が多く、とても1回では紹介し切れませんのでシリーズでお伝えします。

関西随一の高級リゾートホテルとして昭和5年に建てられました。設計はフランク・ロイド・ライトの愛弟子、遠藤新です。

*武庫川学院 甲子園会館のHP

正面の眺め。左右のウイングにホールと食堂を振り分け1対の煙突を配したシンメトリー構造となっています。
f0116479_095798.jpg

同じ面を池の畔から。昔は船遊びが出来る大きな池だったそうです。
f0116479_01036100.jpg

西側のウイング。ダンスホールや宴会場として利用されていました。
f0116479_0111669.jpg

ウイングの背後がかって客室だった場所です。
f0116479_012512.jpg

正面の詳細。
f0116479_0295470.jpg

特異なレリーフや柱。「打出の小槌」をモチーフにしたレリーフが随所にあります。
f0116479_0144336.jpg

f0116479_0151936.jpg

f0116479_0181978.jpg

インカやマヤ風にも見える不思議な光景。
f0116479_0392681.jpg


整然と並ぶ列柱のデザインは波を表しているそうです。
f0116479_015591.jpg

f0116479_0274783.jpg

f0116479_0163412.jpg

f0116479_0185572.jpg


f0116479_0191629.jpg
f0116479_0195010.jpg

f0116479_0174398.jpg

f0116479_0205663.jpg


帝国ホテルと並び評された甲子園ホテルですがホテルとしてはわずか15年ほどでその使命を終え、海軍病院、進駐軍宿舎を経て武庫川学院の施設となりました。現在は同学院の建築学科(女子大の建築科は珍しいです)が使用しています。こんな素晴らしい校舎で建築を学べるなんて最高の環境ではないでしょうか。

f0116479_0212930.jpg


*次回へ続く

by sunshine-works | 2007-02-09 01:58 | 近代建築 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hardcandy.exblog.jp/tb/4556728
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 甲子園ホテル(武庫川学院甲子園...      武庫大橋 >>