2007年 01月 07日
尼崎の学校建築2

尼崎の近代建築その11

尼崎市に現存する戦前の学校建築その2

旧開明小学校

昭和12年築。藩校に起源を持つ尼崎市で最も古い小学校でした。統合により廃校となった後は市の分庁舎として使われています。
f0116479_23304934.jpg


半円形の階段室と屋上の時計が特徴的です。
f0116479_23421484.jpg

f0116479_2343256.jpg

f0116479_23433525.jpg


南側玄関脇の階段室が目を引きます。
f0116479_2344932.jpg


各所に配された丸窓
f0116479_1301820.jpg



***********************************************************

城内高校(旧尼崎高等小学校)

昭和13年築。現在は高校の校舎となっていますが最初は高等小学校校舎、後に尼崎市役所庁舎として使われました。
f0116479_2044365.jpg


この旧尼崎高等小学校と開明小学校、次に紹介する旧尼崎女学校は近接した地域に建っています。この一帯が昭和9年の室戸台風で大きな被害を受け木造校舎が被災したのを期に相次いで鉄筋コンクリート校舎に建て替えられました。同時期の施工の為か丸窓のデザインや細部に共通点が見られます。

市の資料館として使用されている北側の棟。デザイン的な見所はこちら側が豊富です。
f0116479_206968.jpg

f0116479_206476.jpg

f0116479_2072091.jpg

f0116479_20103461.jpg

f0116479_2011894.jpg



***********************************************************

成良中学校(旧市立尼崎高等女学校)
昭和13年築。高等女学校の後は中学校校舎として現在も使われています。
f0116479_20115588.jpg


f0116479_20122474.jpg

f0116479_20125969.jpg


***********************************************************
尼崎にはこの他にも戦前に建てられた学校建築が多数あります。人口40万人程度の都市としてはかなりの数だと思います。恵まれていた財政事情や室戸台風の被災を契機として戦前に多くが鉄筋コンクリート化されていたようです。
近年、尼崎市でも少子化の影響から学校の統廃合が進んでいます。開明小学校の様に転用されて残されて行けば良いのですが・・・…。

by sunshine-works | 2007-01-07 15:35 | 近代建築 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hardcandy.exblog.jp/tb/4273361
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 東洋精機本館事務所      尼崎の学校建築1 >>