2006年 12月 16日
尼崎信用組合旧本店

尼崎の近代建築その8
以前紹介した尼崎信用組合旧本部事務所から建物一つ隔てた位置にあります。レンガ造りの旧本部事務所の次の2代目本店事務所として昭和5年に建てられました。地元兵庫県を中心に活躍した古塚正治の設計です。
f0116479_135223.jpg


昭和5年当時は新しい建築の流れが地方都市にも波及しだした頃ですが、銀行建築は依然として様式建築が主流を占めていました。この建物は従来の荘厳な銀行建物のイメージから離れ、流行のモダニズム様式を取り入れた設計となっています。
f0116479_1353362.jpg

f0116479_136346.jpg

f0116479_1363970.jpg


あっさりとしたデザインですが平面とカーブが巧みに組み合わされています。
f0116479_12471197.jpg

f0116479_1372789.jpg

f0116479_1375034.jpg


外壁の最上部には緩やかな反り返えしがつけられています。
f0116479_1393211.jpg


その後の改修で竣工当時とはエントランス部や窓等が変更されています。外壁も最初は黄土色に近い色合いだったようです。
竣工時の外壁の色を再現してみました。(館内に飾られている当時の絵を参考にしました)

f0116479_1385622.jpg


新本店ビルの建設に伴い、この建物は「世界の貯金箱博物館」として余生を送っています。
f0116479_1394870.jpg


by sunshine-works | 2006-12-16 13:00 | 近代建築 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hardcandy.exblog.jp/tb/4065129
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 尼崎紡績旧本社事務所(ユニチカ...      金井重要工業旧工場施設 >>