2006年 12月 07日
旧尼崎警察署

尼崎の近代建築その6

尼崎警察署の庁舎として大正15年に建てられました。各地で庁舎や公共建築を数多く手がけた置塩章の設計です。
f0116479_16432469.jpg

f0116479_16435782.jpg


長く警察署として使われた後は児童館として利用されていました。現在は空家となっています。
f0116479_16444392.jpg


外装のあちこちに傷みが目立ちます。銘版や照明具も無くなっています。
内部は大幅に改修されているとの事ですが地下の留置所だけはそのまま残されているそうです。
f0116479_1645346.jpg


白い塗装はおそらく児童館時代に塗り替えられたものと思われます。
f0116479_16453451.jpg


正面入口上部のレリーフと飾柱
f0116479_1646355.jpg

f0116479_16472778.jpg


エントランス部分の装飾
f0116479_16475030.jpg


現在空家となっているこの建物の今後が気になるところです。管理している尼崎市は再利用を模索しているようで先日は同館を使ったイベントを行っていました。(残念ながら行けませんでした)
撮影したこの日も内部では業者が補修工事らしき作業をしており、現時点では解体取り壊しの予定は無いと思いますが利用法が見つからない限りは何とも不安な状況です。

忘れられているような建物ですが花壇には花が植えられていました。
f0116479_12414014.jpg


入口脇の窓。サッシがオリジナルかどうかは判断できません。(後年の物のようにも思えます)
f0116479_16481218.jpg


正面の階段から見上げた図。
f0116479_16482643.jpg


by sunshine-works | 2006-12-07 12:57 | 近代建築 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://hardcandy.exblog.jp/tb/3991760
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ダディー at 2007-06-17 07:40 x
80年代にこの建物の2階で剣道の練習をしていました。変わった建物だとは思っていましたが、内部に道場の施設があったのは、もともと警察署だったからなのですね。地下への階段もありましたが、いつも暗かったです。まさか留置所があったとは思いもしませんでした。
Commented by sunshine-works at 2007-06-18 19:14
コメント有難うございます。
80年代という事は四半世紀前も既に謎の建物だったという事でしょうか。
それでも現用施設として使われていたのですね。現役時代をぜひ見てみたかったです。


<< 金井重要工業旧工場施設      尼崎信用組合旧本部事務所(尼崎... >>