2017年 11月 18日
京都府丹波の近代建築 補遺1
京都建てられた府丹波の近代建築補遺1

綾部から亀岡までの京都府丹波地区の近代建築を紹介してきましたが、未掲載の近代建築が幾つかありました。今回と次回に分けてこれらを紹介します。
f0116479_12074597.jpg

福知山市中心部の旧郡是製糸福知山工場本館。昭和4年頃に建てられました。
綾部で創業した郡是製糸はその後西日本各地に工場を増設するとともに地方の同業他社を吸収合併して拡大していきます。
現在グンゼの配送センターとして使われているこの場所には大正期に地場の製糸会社を合併し郡是福知山工場となった後に建てられた施設建物が複数現存しています。
f0116479_12224884.jpg
f0116479_12230657.jpg


昭和3年に建てられた門衛所と正門も現存します。
f0116479_12233131.jpg
f0116479_12245816.jpg

福知山駅前の商店街の一角にかつて銀行支店として建てられた建物が現存します。現在眼科医院として使われているこの建物は京都銀行の前身の一つとなった両丹銀行の支店として建てられました。築年は昭和10年とされています。
f0116479_01351138.jpg
f0116479_01360165.jpg
f0116479_01363941.jpg
f0116479_01372485.jpg

福知山城跡の裏手に建つ古い木造建物。福知山医師会館の看板がありますが、現在は空家となっています。この周辺はかつて旧陸軍病院(衛戍病院)が建っていた場所で、この建物はそれらの何らかの遺構と推測されます。
f0116479_02063292.jpg
f0116479_02071687.jpg
f0116479_02080615.jpg
f0116479_02085520.jpg

この建物の裏手には下見板張りの別棟、更に後方にはモルタル壁の棟が接続されています。これらも当時建てられた施設と思われます。
f0116479_02103033.jpg
f0116479_02142597.jpg
f0116479_02144657.jpg

旧佐賀村役場が移築されている高台の麓に建つ建物。詳細は不明ですが、旧佐賀村役場庁舎とほぼ同じ意匠で建てられており、何らかの関連があると思われます。
f0116479_09480420.jpg
f0116479_09482287.jpg
f0116479_09484199.jpg
f0116479_09485765.jpg

舞鶴線第四伊佐津川橋梁の傍の真倉集落に残る公会堂。こちらも詳細不明ですが、敷地内に皇紀二千六百年記念の碑が建てられており、これに因んだものであれば昭和15年頃の建物となります。
f0116479_09564410.jpg
f0116479_09570560.jpg
f0116479_09571878.jpg
f0116479_09573377.jpg

京丹波町須知の笠次医院旧館。現在は使われていないと思われ、相当に劣化が進んでいます。
f0116479_10010493.jpg
f0116479_10011602.jpg


by sunshine-works | 2017-11-18 22:55 | 近代建築 京都府 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hardcandy.exblog.jp/tb/28619341
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 京都府丹波の近代建築 補遺2      旧田中源太郎邸洋館(楽々荘) >>