2017年 09月 16日
石原駅跨線橋

京都の鉄道遺産

綾部から市境を越えて福知山市へ。福知山駅の一つ手前、山陰本線石原(いさ)駅のホームに明治大正期に作られた跨線橋支柱が現存しています。刻印が判別不可で詳しい製造年度は特定出来ませんが、各地に現存例が確認されている鉄道院・鉄道省時代の鋳鉄製跨線橋の一つです。

f0116479_12330453.jpg

山陰本線石原駅は明治37年の開業。この跨線橋が設置された経緯は不明ですが、山陰本線のこの区間が複線化されたのが昭和40年代なので、それまでは跨線橋の要は無く、おそらく複線化に伴うホーム新設時に他所から移築転用されたものと思われます。

f0116479_12574077.jpg
f0116479_20000084.jpg
f0116479_12540103.jpg
f0116479_12553735.jpg
f0116479_12564107.jpg

角柱の上部に円柱を重ねた鋳鉄製の柱、各柱の間に鋼線の筋交いを廻らします。これらは鉄道省の跨線橋支柱に共通する意匠です。
*当ブログ内にて、過去に以下の駅の鉄道省(院)跨線橋を紹介しています。
徳島線石井駅徳島線蔵本駅山陽本線熊山駅山陽本線金光駅山陰本線竹野駅山陰本線八鹿駅福知山線柏原駅

f0116479_13263210.jpg
f0116479_13265366.jpg
f0116479_13271348.jpg
f0116479_13301086.jpg
f0116479_13311104.jpg
f0116479_13302660.jpg
f0116479_13281020.jpg


本来は下部の角柱部分に製造工場と製造年度が刻まれているはずですが、それらしきものが見当たりません。削られた、あるいは度重なる塗装で埋もれてしまったものと推測されます。

f0116479_13321687.jpg
f0116479_13272992.jpg
f0116479_13294934.jpg
f0116479_13325498.jpg

跨線橋本体の築年も不明ですが、リベット接合の鉄骨構造は相応に古い時期のもの。床と外壁は移設後に更新されていると思われます。

f0116479_13370037.jpg
f0116479_13372919.jpg
f0116479_13380701.jpg


by sunshine-works | 2017-09-16 19:47 | 近代建築 京都府 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hardcandy.exblog.jp/tb/28150505
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 旧福知山信用組合本店      旧佐賀村役場 >>