2017年 07月 29日
別子銅山の産業遺産-東平地区2

愛媛県新居浜市の近代建築8

別子銅山東平地区に現存する産業遺産の続編は鉱石の集積、搬出に使われた施設を紹介します。
f0116479_14342395.jpg

第三通洞から引き出された坑内軌道の終点に築かれた貯鉱庫跡。積み上げた花崗岩の壁面と山肌の間に鉱石を蓄える施設で、斜面の上部と下部の2箇所に設置されました。
f0116479_16125143.jpg
f0116479_16043339.jpg
f0116479_16052092.jpg


花崗岩を積み上げた貯鉱庫の壁面。上部下部共に第三通洞開通の翌年に完成しました。
f0116479_16070271.jpg
f0116479_16085561.jpg
f0116479_16121425.jpg
f0116479_16110206.jpg
f0116479_16093230.jpg

下部貯鉱庫の頂部に残る煉瓦構造物。上部貯鉱庫から運ばれた鉱石を選分けて下部貯鉱庫へ送る選鉱場の遺構です。
f0116479_16132985.jpg
f0116479_16152954.jpg
f0116479_16154992.jpg
f0116479_16162364.jpg
f0116479_16170664.jpg
f0116479_16173133.jpg
f0116479_16175243.jpg



選鉱場で選別された鉱石はその下の下部貯鉱庫へ落とされ、出荷まで蓄えられます。

f0116479_16220854.jpg

f0116479_16193623.jpg
f0116479_16203866.jpg
f0116479_16200540.jpg
f0116479_16240731.jpg

下部貯鉱庫前には索道施設跡の煉瓦構造物が残されています。鉱石はここから索道によって端出場地区へ運ばれ、さらに鉱山鉄道に積み替えて出荷されていきました。
f0116479_16211509.jpg
f0116479_16245506.jpg
f0116479_16252038.jpg
f0116479_16224183.jpg
f0116479_16230719.jpg
f0116479_16234297.jpg
f0116479_16184433.jpg
f0116479_16190696.jpg



上部の貯鉱庫と下部貯鉱庫、索道施設の間には斜面を登るインクラインが敷かれていました。現在その跡地には階段が設置されています。
f0116479_16264245.jpg
f0116479_16270136.jpg
f0116479_16272367.jpg



by sunshine-works | 2017-07-29 15:19 | 近代建築 愛媛県 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://hardcandy.exblog.jp/tb/28009679
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by getteng at 2017-07-30 06:53
sunshine-workasさん
全てが素晴らしく、まさに聖地です!!!!!!!!!!
Commented by sunshine-works at 2017-07-31 01:35
> gettengさん
いつもありがとう御座います。
この場所、まだ未訪であれば是非お訪ねください。素晴らしい眺めや遺構の存在感は感動ものです。


<< 綾部橋      別子銅山の産業遺産-東平地区1 >>