2017年 05月 13日
旧和田医院
愛媛県四国中央市の近代建築その1

愛媛県の東部、香川県堺に近い川之江の市街地の一角に明治期の木造洋館が残されています。この建物は明治43年に和田医院として建てられました。
f0116479_15061948.jpg

木造2階建て、下見板貼り。角地の敷地に沿ってL字型に建物が配置されています。
設計施工は地元の棟梁。各所に本格的な洋式建築の技法を取り入れた和洋折衷様式です。
f0116479_14584828.jpg
f0116479_14473601.jpg
f0116479_15002954.jpg


縦長窓が並ぶ南面。
f0116479_15014224.jpg
f0116479_15015621.jpg

妻面軒下には破風飾りを添え、丸窓の通風口を配します。
f0116479_15005806.jpg
f0116479_15025115.jpg

現在は医院の役目を終えていますが、建物は状態良く保存されており、明治期の地方医院建築の姿を今に伝えます。
f0116479_15030970.jpg
f0116479_15034122.jpg


by sunshine-works | 2017-05-13 20:03 | 近代建築 愛媛県 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hardcandy.exblog.jp/tb/27804407
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 旧為山堂医院      愛媛の近代建築 >>