2017年 01月 14日
旧大社高等家政女学校本館
島根県出雲市の近代建築その4

出雲大社の参道の途中を西へ進んで程なく、静かな住宅街の一角に木造2階建ての旧校舎が残されています。現在、出雲市の施設(大社コミュニティセンター)に使われているこの建物は昭和12年に大社高等家政女学校として建てられました。
f0116479_16462872.jpg


木造2階建、下見板張り。中央の玄関には庇を張り出し車寄せを構えます。
この時代の木造校舎の標準的な仕様ですが、玄関周りには凝った装飾が施され、上級学校に相応しい意匠を備えます。
f0116479_1647561.jpg
f0116479_16475263.jpg
f0116479_16541551.jpg


玄関詳細。化粧タイルを貼った腰周り、上部は白塗りのモルタル壁。庇を支える柱間には格子が嵌められています。
f0116479_16531259.jpg
f0116479_1656071.jpg
f0116479_16513130.jpg
f0116479_16505118.jpg
f0116479_1652258.jpg
f0116479_1653246.jpg


校舎の裏面。竣工当時はこちら側にも別棟が繋がっていました。
f0116479_16534535.jpg
f0116479_16535576.jpg
f0116479_1654946.jpg


by sunshine-works | 2017-01-14 16:58 | 近代建築 島根県 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hardcandy.exblog.jp/tb/27442426
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 旧奥医院      出雲日御碕灯台 >>