2016年 11月 19日
福塩線の駅舎
広島の鉄道遺産

福山市と三次市を結ぶ福塩線は大正期に開設された両備軽便鉄道をその前身とし、国有化後の昭和13年に現在の区間が全通します。
総長78kmの路線は全線単線で優等列車も無く、過半は非電化のローカル線ですが、県北部と南部を結ぶ路線として長くその務めを果たしています。
今回はこの福塩線に残る開業時の姿を留める木造駅舎の幾つかを紹介します。


福山市西部の駅家駅。軽便鉄道時代の大正3年に建てられた駅舎が使われています。
f0116479_14593158.jpg
f0116479_15002529.jpg
f0116479_15012264.jpg
f0116479_15021633.jpg


ホームに設置された旅客上屋。柱には昭和13年の建物資産標が貼られています。
f0116479_15030240.jpg
f0116479_15034852.jpg
f0116479_15043668.jpg
f0116479_15051333.jpg
f0116479_15061109.jpg

府中市との堺に位置する新市駅。この駅も両備軽便鉄道開設時の大正3年に建てられた駅舎が現存しています。
f0116479_15120758.jpg
f0116479_15131183.jpg
f0116479_15135653.jpg


この駅にも駅家駅と同様のホーム上屋が設置されています。こちらは昭和11年設置。
f0116479_15142366.jpg
f0116479_15143375.jpg


府中駅から北は非電化のローカル区間。長閑な景色の中を走ります。府中市北部の山間いに設置された備後矢野駅。
福塩線の最終工区が開通した昭和13年築の駅舎が残ります。
f0116479_15240695.jpg
f0116479_15244513.jpg
f0116479_15250047.jpg
f0116479_15251832.jpg
f0116479_15290093.jpg
f0116479_15254351.jpg
f0116479_15255539.jpg
f0116479_15260874.jpg
f0116479_15262976.jpg


三次市の古い宿場町に残る吉舎駅。昭和8年に塩町側から延伸された際の終着駅でした。
f0116479_15364886.jpg
f0116479_15371188.jpg
f0116479_15372844.jpg
f0116479_15374594.jpg
f0116479_15381585.jpg
f0116479_15375664.jpg
f0116479_15384067.jpg
f0116479_15385012.jpg

福塩線は終点の塩町駅で芸備線と接続します。この駅舎は芸備鉄道時代の昭和5年に田幸駅として建てられました。
f0116479_15442982.jpg
f0116479_15450977.jpg
f0116479_15452918.jpg
f0116479_15455242.jpg
f0116479_15461880.jpg
f0116479_15463747.jpg
f0116479_15470096.jpg
f0116479_15470991.jpg




by sunshine-works | 2016-11-19 12:36 | 近代建築 広島県 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hardcandy.exblog.jp/tb/26957343
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 芸備線の駅舎①      祝橋 >>