2016年 10月 29日
旧三次銀行本店
広島県三次市の近代建築その2

古い町並みが残る三次市本通の中程に旧銀行店舗が残されています。この建物は三次銀行本店として昭和2年に建てられました。
f0116479_12521490.jpg

鉄筋コンクリート造2階建。建物意匠については案内板に次の記述があります。
「洋風の石積み建築を模したシンプルで力強い建物である。正面の柱の上部には、楕円形を中心に曲線模様のレリーフ装飾が施されており、直線が強調され建物のアクセントになっている」
この店舗が建てられた昭和初期の銀行建築の流れを汲んだ建物で、明治大正期の重厚な建築意匠が薄らいで古典様式を留めつつ直線と平面を基調にした簡潔な表現となっています。
f0116479_13184063.jpg
f0116479_13151349.jpg
f0116479_13173044.jpg

三次銀行は県北部を営業拠点とした地域銀行として発足し、昭和20年に後の広島銀行となる芸備銀行と合併します。
三次銀行の本店だったこの建物は中町支店として継承されますが5年後に廃止され、翌年から昭和52年までを三次郵便局、その後は市に移管されて民俗資料館として使われています。
f0116479_13292877.jpg
f0116479_13310307.jpg
f0116479_13290182.jpg
f0116479_13294746.jpg
f0116479_15170148.jpg

玄関周り詳細。
f0116479_13385382.jpg
f0116479_13480219.jpg


外壁はコンクリート仕様、腰周りは切石積み。壁面は目地を切って石積風の表現としています。
f0116479_13434556.jpg
f0116479_13444439.jpg



石畳の通りの北側から眺めます。
f0116479_13332638.jpg
f0116479_13320475.jpg

駐車場からの南面の眺め。深い奥行きの壁面に縦長窓が連なります。
f0116479_13490409.jpg
f0116479_13494999.jpg
f0116479_13503503.jpg
f0116479_13513998.jpg


by sunshine-works | 2016-10-29 08:37 | 近代建築 広島県 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hardcandy.exblog.jp/tb/26630685
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 旧広島農工銀行三次支店      旧田中写真館 >>