2016年 10月 08日
ヤマモトロックマシン東城工場建物
広島県庄原市の近代建築その3

地場の小さな鋳物工場だった山本鉄工所は、大正期に着工された帝釈川ダムの工事を契機に削岩機メーカーとして大きく発展します。
全国で大規模な土木工事が展開された昭和初期、これらの需要に応じる為に同社は近代的な工場施設を創業の地東城に整えていきます。
後身となるヤマモトロックマシン東城工場の敷地内には当時建てられた工場建物が数多く残され、現役施設として今も使われています。
f0116479_20455736.jpg

前回まで2回に亘って紹介した同社の自治寮と道を挟んだ北側に位置する東城工場。
多くの建物が昭和10年前後に相次いで建てられました。
f0116479_20543685.jpg

正門から真直ぐ奥に見える第一工場(昭和9年築)。木造平屋建。この第一工場を始め、当時建てられた一連の工場建物の設計は自治寮と同じ曽田敏郎が手掛けました。
f0116479_21040657.jpg
f0116479_21120959.jpg
f0116479_21210438.jpg
f0116479_21261425.jpg
f0116479_21235810.jpg
f0116479_21274987.jpg


第一工場の右手に並ぶ仕上工場は昭和12年築。
f0116479_00360620.jpg
f0116479_01025366.jpg
f0116479_01020903.jpg


第一工場前から入口方向の眺め。右手の建物は焼入れ工場、左手は工場従業員の教育施設として使われた青年学校(昭和13年)。1階は倉庫、2階に教室が設けられていました。
f0116479_21154824.jpg
f0116479_21164669.jpg
f0116479_01005563.jpg

右手に第一工場、左に仕上工場。奥に青年学校の建物。
f0116479_01142136.jpg
f0116479_01105682.jpg
f0116479_01121246.jpg
f0116479_01151570.jpg
f0116479_01125745.jpg
f0116479_01162351.jpg

各工場内部。木造トラスが支える天井には中央と側面に明り取窓が備わります。
f0116479_01223361.jpg
f0116479_01190301.jpg

多くの窓が並ぶ壁面。
f0116479_01225235.jpg
f0116479_01573047.jpg
f0116479_01231293.jpg
f0116479_01193247.jpg



敷地南奥の第二工場。
f0116479_01254577.jpg
f0116479_01260510.jpg
f0116479_01262364.jpg
f0116479_01272769.jpg

幾つかの付属建物が並びます。この小さな建物は便所。
f0116479_01381157.jpg
f0116479_01382311.jpg
f0116479_01281493.jpg
f0116479_01312146.jpg
f0116479_01364738.jpg



by sunshine-works | 2016-10-08 13:03 | 近代建築 広島県 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hardcandy.exblog.jp/tb/26287483
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 旧国立種牛牧場本館(七塚原記念館)      ヤマモトロックマシン自治寮② >>