2016年 09月 24日
ヤマモトロックマシン自治寮①
広島県庄原市の近代建築その1

古くからたたら製鉄が栄えた庄原市東城町の中心部に、昭和初期に建てられた工場施設が今も現役で操業しています。
この工場に隣接する敷地には、かつて従業員の宿舎として使われていた数棟の建物が残されています。これらは前身の山本鉄工所時代の昭和12年から14年にかけて建てられました。
f0116479_14534199.jpg


敷地の西側に位置する家族寮。昭和12年築。木造3階建て、洋瓦を葺いた切妻屋根にドーマー屋根を乗せたモダンな意匠。
この敷地内の一連の寮施設と隣の工場に現存する戦前築の建物のすべては地元の棟梁曽田敏郎が設計施工を手掛けました。
f0116479_15112202.jpg
f0116479_15131499.jpg


地元の小さな鋳物工場から出発した山本鉄工所は、大正期に始まった帝釈ダムの工事で使われる削岩機の修理を請け負い、やがて自社で削岩機の製造を手掛けます。
日本各地で土木事業が活況を呈した昭和初期、削岩機メーカーに転じて発展を続ける同社の従業員寮としてこの敷地に家族寮、独身寮、食堂、その他施設が建てられていきました。
f0116479_15110830.jpg
f0116479_14524748.jpg
f0116479_16065936.jpg


正面側に並ぶ大きな窓。各部屋は和室となっており、座る姿勢に合わせて窓は低い位置に据えられています。
f0116479_15521563.jpg
f0116479_15485761.jpg
f0116479_15492352.jpg

右手前に建つ2階建ての建物は同年代に建てられた食堂・娯楽棟。
f0116479_15203437.jpg
f0116479_15242807.jpg


建物右手の平屋部分は食堂従業員の宿舎として使われました。
f0116479_15234907.jpg
f0116479_15475742.jpg
f0116479_15244968.jpg
f0116479_15255952.jpg
f0116479_15263773.jpg
f0116479_15462642.jpg
f0116479_15455983.jpg
f0116479_15285690.jpg

食堂の西側。張り出した部分は厨房施設に使われました。

f0116479_18315279.jpg



隣に建つ付属施設。倉庫と思われます。
f0116479_15422423.jpg

左が食堂・娯楽棟、右に並ぶ家族寮。
f0116479_15313845.jpg
f0116479_15322692.jpg
f0116479_16075411.jpg

食堂の2階は娯楽室に充てられており、卓球台や囲碁将棋の卓が並べられていました。
f0116479_15343167.jpg
f0116479_15370125.jpg
f0116479_15372689.jpg

2階からの眺め。向い側の建物は昭和14年築の独身寮。
f0116479_15393798.jpg

こちらは家族寮の正面。
f0116479_15395686.jpg
f0116479_15403186.jpg

天井は一見すると左官仕上げの様ですが、金属板を貼ったものとの事。
f0116479_15411914.jpg
f0116479_15412801.jpg
f0116479_15414628.jpg

家族寮の南面から西面の景色
f0116479_15510378.jpg
f0116479_15525744.jpg
f0116479_15532472.jpg
f0116479_15542596.jpg

家族寮の入口。扉は近年の改修と思われます。
f0116479_16124394.jpg

家族寮の玄関天井。この先に続く各部屋室内と独身寮の様子は次回紹介します。
f0116479_16133476.jpg



by sunshine-works | 2016-09-24 13:32 | 近代建築 広島県 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hardcandy.exblog.jp/tb/26044815
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< ヤマモトロックマシン自治寮②      神龍橋(旧紅葉橋) >>