2016年 08月 13日
上下町の近代建築②
広島県府中市の近代建築その5


前回に続いて上下町の近代建築を紹介します。


交差点に建つ旧片野製パン所。一時期は食堂としても使われていました。
f0116479_14394866.jpg
f0116479_14223867.jpg
f0116479_14344342.jpg
f0116479_14335856.jpg
f0116479_14411986.jpg
f0116479_14383282.jpg
f0116479_14444763.jpg
f0116479_14361609.jpg

建物側面。間口はそこそこの幅がありますが、奥行きが非常に短い建物です。
f0116479_14421216.jpg

アーチで囲まれた玄関周り。
f0116479_14473066.jpg
f0116479_11045712.jpg
f0116479_11011032.jpg
f0116479_11054109.jpg


店内の様子。内部は良好に当時の状態を保っています。
f0116479_10592208.jpg
f0116479_10594835.jpg


片野製パン所から通りを挟んだ斜め向いに、望楼を乗せた白壁の建物が建っています。
この建物は明治12年に上下警察署として建てられました。
f0116479_10535393.jpg
f0116479_11025125.jpg


1階部分は大きく改装されていますが、2階の窓周りに儀洋風建築の趣を残します。
f0116479_11034969.jpg
f0116479_11074900.jpg


この二つの建物から翁座方向へ向かう途中で渡る翁橋。昭和12年架橋。
f0116479_16224851.jpg
f0116479_16232045.jpg
f0116479_16382686.jpg
f0116479_16432252.jpg
f0116479_16402270.jpg
f0116479_16260442.jpg


by sunshine-works | 2016-08-13 16:46 | 近代建築 広島県 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hardcandy.exblog.jp/tb/25602850
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 旧坂瀬川小学校校舎      上下町の近代建築① >>