2016年 07月 02日
福寿会館
広島県福山市の近代建築その4

福山駅の北、福山城址の一角に昭和初期に建てられた洋館が残されています。現在は福山市の施設として利用されているこの建物は昭和10年代前半に建てられました。
f0116479_15114094.jpg

昭和12年から14年にかけて地元の海産物商が建てた別荘の一部。
庭園を伴った広い敷地には洋館の他に入母屋造り平屋建ての日本家屋、茶室、土蔵が建てられました。
f0116479_15120889.jpg
f0116479_15131657.jpg
f0116479_15140549.jpg


木造モルタル2階建て、切妻屋根にドーマーを配しています。各面破風のオーナメント、窓を飾る付柱やアーチ、モールディング、3箇所の出窓、オーダー柱が庇を支える玄関等々、多彩な装飾が施されています。
f0116479_15170281.jpg
f0116479_15145315.jpg
f0116479_15163883.jpg
f0116479_15142978.jpg

庭園に面した南側の眺め。その先に和風の本館が繋がります。
f0116479_15193685.jpg
f0116479_15153590.jpg
f0116479_15161557.jpg
f0116479_15182955.jpg
f0116479_15202945.jpg
f0116479_15221663.jpg
f0116479_15195969.jpg

北面に設けられた玄関。コリント式の柱が庇を支えます。
f0116479_15242234.jpg
f0116479_15235426.jpg
f0116479_15252329.jpg
f0116479_15253640.jpg
f0116479_15262887.jpg
f0116479_15265831.jpg


by sunshine-works | 2016-07-02 11:02 | 近代建築 広島県 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hardcandy.exblog.jp/tb/25398042
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 旧駅家村役場      旧佐波浄水場 >>