2016年 06月 11日
しまなみ信用金庫鞆支店
広島県福山市の近代建築その1

古くから潮待ち港として栄えた福山市南端に位置する鞆の浦。町の中心部には江戸期から昭和初期に至る各時代に建てられた歴史ある建築物が並んでいます。
この鞆の浦の一角に現役で使われている昭和初期の銀行店舗が建っています。
福鞆信用金庫支店を経て平成15年にしまなみ信用金庫に引き継がれたこの建物は昭和13年に建てられました。
f0116479_00162284.jpg
f0116479_00235700.jpg
f0116479_00245825.jpg
f0116479_00261492.jpg

狭い街路に囲まれた角地に建つ鉄筋コンクリート2階建て、玄関を中心にシンメトリーな構造。
戦時体制に移行する直前の昭和13年に建てられたこの建物は、戦前の銀行建築の晩期のものとなります。
従来の重厚な様式から脱し、アールデコの要素を取り入れたモダンな意匠は戦後の銀行建築に受け継がれて行く流れとなりました。
f0116479_00424444.jpg
f0116479_00272377.jpg
f0116479_00340648.jpg

コーナーに設けられた玄関扉。頑丈な鉄扉も当時のままと思われます。
f0116479_00281639.jpg
f0116479_00292086.jpg


コンクリートの質感と程よい退色具合、隣接する建物に揃えた高さは伝統建築が並ぶ周囲の町並みと違和感無く調和します。
f0116479_00320997.jpg
f0116479_00312319.jpg
f0116479_00332492.jpg
f0116479_00325264.jpg
f0116479_00352229.jpg
f0116479_00344717.jpg
f0116479_00342753.jpg



by sunshine-works | 2016-06-11 00:59 | 近代建築 広島県 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hardcandy.exblog.jp/tb/25319486
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 旧丸山商店事務所      広島の近代建築 >>