2016年 04月 08日
舞鶴線伊佐津川橋梁
京都の鉄道遺産

綾部~東舞鶴間を結ぶ舞鶴線は途中区間を伊佐津川と並行して進んで行きます。
この舞鶴線が伊佐津川を幾度も渡る地点に架けられた橋梁には明治37年の同線開業時に設置された煉瓦造の橋脚が使われています。
f0116479_13424180.jpg


伊佐津川を渡る舞鶴線の橋梁は渕垣駅東の第一伊佐津川橋梁から西舞鶴駅東の第六伊佐津川橋梁までの6橋。すべてに開業時の煉瓦橋梁が残っています。
明治期の煉瓦橋脚が現役で使われている橋梁は全国各地に数多くありますが、このように連続して現存する事例は希少なものです。
f0116479_13400382.jpg

西舞鶴の市街地の東を渡る第六橋梁。伊佐津川はこの先で舞鶴湾に注ぎます。
f0116479_13571510.jpg
f0116479_13581509.jpg

伊佐津川橋梁にはどれもイギリス積の煉瓦橋脚が使われていますが、最下流のこの橋脚のみ形状が異なります。橋脚の両端が丸みを帯びた他の5橋と異なりこの第六橋梁は先端が尖り、補強の石積みの配置も異なります。川幅が広く増水時に水量が増える下流部に合わせたものと推測されます。
f0116479_14123811.jpg
f0116479_14105980.jpg
f0116479_14132951.jpg

橋台の煉瓦構造物も状態良く残されています。
f0116479_14150989.jpg

西舞鶴~梅迫間の第五橋梁。
f0116479_14173976.jpg
f0116479_14182956.jpg
f0116479_14192483.jpg
f0116479_14201204.jpg

真倉集落の中で佐津川を渡る第四橋梁。
f0116479_10122116.jpg
f0116479_10130158.jpg
f0116479_10140863.jpg
f0116479_10143415.jpg
f0116479_10151179.jpg
f0116479_10152291.jpg

真倉集落の入口の架道橋。ここも開業当時の煉瓦橋台が残されています。
f0116479_10173249.jpg

梅迫~渕垣間の山間いに架けられた第三橋梁から第一橋梁を順番に。
f0116479_10192011.jpg
f0116479_10194854.jpg
f0116479_10200725.jpg
f0116479_10202758.jpg
f0116479_10133982.jpg
f0116479_10243681.jpg
f0116479_10215592.jpg

橋脚は上が窄まった楕円形の断面。縁を切石で補強しています。この仕様は明治期の鉄道橋梁に多く使われました。
f0116479_10212546.jpg
f0116479_10232883.jpg
f0116479_10230468.jpg
f0116479_10223996.jpg







by sunshine-works | 2016-04-08 14:57 | 近代建築 京都府 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hardcandy.exblog.jp/tb/25115905
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 京都府丹後の近代建築 補遺1      小浜線松尾寺駅 >>