2016年 04月 01日
小浜線松尾寺駅
京都の鉄道遺産

東舞鶴駅から東へ一駅、小浜線松尾寺(まつのおでら)駅は大正11年の同駅開設時に建てられた駅舎本屋が現在も使われています。
f0116479_14280993.jpg

松尾寺駅は敦賀と舞鶴を結ぶ小浜線の最終工区、若狭高浜~新舞鶴間が開通した大正11年に設置されました。
西国三十三霊場の第二十九番札所松尾寺の最寄駅として、その後は大戦中に設置された海軍火薬廠や戦後に開設した日本板硝子の工場を結ぶ引込線の基点としての役割を担いましたが、現在は長閑な無人駅としてその姿を留めます。
f0116479_14252518.jpg
f0116479_11235275.jpg
f0116479_14303435.jpg


中央右寄せに切妻屋根の庇を突出した木造平屋建、下見板貼。当時の地方駅舎の典型的な意匠です。
f0116479_14314841.jpg
f0116479_14331470.jpg
f0116479_14333176.jpg

屋根瓦や外壁は葺き替えられ窓枠は更新されていますが、基本構造は開業当時の状態が保たれています。
f0116479_11114177.jpg
f0116479_14334984.jpg
f0116479_14342685.jpg
f0116479_14351564.jpg
f0116479_14354578.jpg
f0116479_11202993.jpg


改札を抜けて駅舎裏側へ。
石段を上った先にホームが設置されています。
f0116479_11074034.jpg
f0116479_11092467.jpg
f0116479_11142993.jpg

ホームから眺めた駅舎裏側。
f0116479_11151540.jpg
f0116479_11155944.jpg


by sunshine-works | 2016-04-01 13:31 | 近代建築 京都府 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hardcandy.exblog.jp/tb/25096923
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 舞鶴線伊佐津川橋梁      旧志楽村役場 >>