2016年 03月 25日
旧志楽村役場
京都府舞鶴市の近代建築その17

東舞鶴から福井方面へ向かう街道際に古い木造庁舎が残されています。
この建物はかつてこの地域を治めていた旧志楽村の役場として昭和8年に建てられました。
f0116479_19534856.jpg


旧志楽村は昭和13年に市制を実施した旧東舞鶴市の母体となった2町3村の一つで、丹後街道に沿って福井県境から舞鶴湾岸までの一帯を村域としていました。この建物は明治22年に周辺8村の合併によって誕生した志楽村の最後の庁舎として建てられ、その後は市の支所や農協施設に転用されました。
f0116479_19544220.jpg
f0116479_19522246.jpg

木造2階建、寄棟屋根の中央上部にはドーマー屋根を立ち上げます。外壁や屋根材は張替えられていますが概ね竣工当時の姿を留めています。
f0116479_19560035.jpg
f0116479_19570732.jpg
f0116479_19585335.jpg
f0116479_19595497.jpg

切妻屋根を張り出した玄関庇
f0116479_20064509.jpg
f0116479_20073051.jpg


by sunshine-works | 2016-03-25 21:22 | 近代建築 京都府 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hardcandy.exblog.jp/tb/25077738
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 小浜線松尾寺駅      旧舞鶴鎮守府長官邸(東郷邸) >>