2016年 03月 11日
旧海軍機関学校大講堂
京都府舞鶴市の近代建築その15

自衛隊桟橋と道を隔てた向い側に海上自衛隊舞鶴地方総監部の広い敷地が広がります。
ここはかつて旧海軍機関学校が置かれていた場所で、当時の建物施設の多くが今も残されています。
今回はこれらの建物の中で唯一公開されている旧大講堂を紹介します。
f0116479_14061602.jpg

横須賀に設立された海軍機関学校は関東大震災で消失し江田島に仮設されていましたが、移転先として舞鶴が選ばれます。
空地となっていた旧海兵団の敷地を利用して昭和3年から校舎や講堂の建設が始まり、昭和8年にこの大講堂が竣工します。
f0116479_14082549.jpg
f0116479_14102110.jpg
f0116479_14110167.jpg

鉄骨造平屋建、壁面はスクラッチタイル貼り。基礎や石段、玄関廻りには御影石が使われています。
f0116479_14115176.jpg
f0116479_14122038.jpg
f0116479_14170482.jpg
f0116479_14162409.jpg
f0116479_14151364.jpg
f0116479_14141451.jpg

玄関ポーチからの眺め。奥に並ぶ旧機関学校の建物を伺います。
f0116479_14180025.jpg
f0116479_14203586.jpg
f0116479_14210802.jpg
f0116479_14212263.jpg

玄関には舞鶴鎮守府の初代長官だった東郷平八郎の胸像が飾られています。
f0116479_14224295.jpg
f0116479_14225655.jpg


現在は海軍記念館として公開され、展示室の資料や講堂内部を参観する事が出来ます。
f0116479_14231604.jpg
f0116479_14234943.jpg
f0116479_14240412.jpg
f0116479_14241995.jpg
f0116479_14243833.jpg


by sunshine-works | 2016-03-11 13:27 | 近代建築 京都府 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hardcandy.exblog.jp/tb/25035413
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 旧舞鶴鎮守府長官邸(東郷邸)      北吸隧道 >>