2016年 01月 28日
旧北吸浄水場配水池
京都府舞鶴市の近代建築その9

舞鶴湾の自衛隊桟橋を見下ろす高台に2棟の煉瓦建物が建っています。
ここはかつて旧海軍によって設置された軍事水道の浄水場があった場所で、現在その跡地には配水池と上屋が当時の姿で残されています。
f0116479_13494037.jpg



舞鶴の軍事水道は軍港設営と平行して進められ、明治34年に完成します。
北吸浄水場は与保呂川の水源地から導いた源水を浄化し配水する施設として設置されたもので、高台の高度差を利用して海軍施設と艦艇に給水を行いました。
この浄水場は戦後舞鶴市に移管されて昭和39年まで使用されましたが、その後浄水施設は取り払われ、配水池とその上屋が残されました。
f0116479_13501863.jpg
f0116479_14063304.jpg
f0116479_13510266.jpg

配水池は開設時の明治34年に設置された第一配水池と大正10年に増設された第二配水池からなり、それぞれの配水池は大正15年に建てられた煉瓦造、鉄骨小屋組の上屋で覆われています。
f0116479_13513193.jpg

f0116479_13514722.jpg
f0116479_13575572.jpg
f0116479_13594399.jpg

f0116479_13535339.jpg

アーチが組まれた入口上部。壁面上部は板張なのでアーチ構造にする必要はないのですが、意匠的な拘りでこのような形になったと思われます。
f0116479_13541689.jpg
f0116479_13542772.jpg


日本の近代水道の歴史は明治20年の横浜市に始まり、各地の主要都市に広まっていきますが、舞鶴の軍事水道が完成した明治34年当時近代水道を保有していたのは全国で9都市のみで、舞鶴の水道は大正1年に完成した京都市よりも11年早く設置された事になります。
舞鶴のみならず鎮守府が置かれた他の3軍港も明治中期に水道を設置しており、多くの将兵や艦艇に大量の安全な水を供給する事がいかに重要だったかが計られます。
f0116479_13552462.jpg
f0116479_14095667.jpg
f0116479_13553516.jpg
f0116479_13555222.jpg
f0116479_13582833.jpg
f0116479_13591517.jpg

普段は内部に立入る事はできませんが、定期的に行われるイベント開催時に配水池内部が公開されます。以下は27年10月のイベント時に撮影したものです。
f0116479_14142251.jpg
f0116479_14135718.jpg

池の内部は幾層もの煉瓦壁が迷路のように連なります。
浄水が澱まない為の構造との事です。
f0116479_14151410.jpg
f0116479_14153783.jpg
f0116479_14155988.jpg
f0116479_14161860.jpg
f0116479_14164239.jpg
f0116479_14170326.jpg
f0116479_14171410.jpg


by sunshine-works | 2016-01-28 14:09 | 近代建築 京都府 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hardcandy.exblog.jp/tb/24905718
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 舞鶴旧鎮守府倉庫施設1      舞鶴要塞 葦谷砲台 >>