2015年 08月 23日
松江大橋

島根県松江市の近代建築その8

松江市中心部を南北に分かつ大橋川には4つの橋が渡されています。これらの中で最も古い歴史を持つ松江大橋は代々架け替えられて現在で17代目。昭和12年に竣工しました。
f0116479_11120604.jpg

宍道湖へ注ぐ大橋川の河口近くに架けられた橋長134メートルの鉄筋コンクリート橋。橋上には擬宝珠や灯篭の和風意匠が施されていますが、下部構にはゲルバー桁やコンクリート橋脚をはじめ当時先進の近代土技術が用いられています。
f0116479_11141648.jpg
f0116479_11144115.jpg
f0116479_11213980.jpg
f0116479_11232239.jpg
f0116479_11164778.jpg
f0116479_11153362.jpg

橋上を飾る擬宝珠と灯篭。高欄には岡山産の花崗岩を用いています。
f0116479_11245560.jpg
f0116479_11335877.jpg
f0116479_11325611.jpg
f0116479_11303472.jpg
f0116479_11294931.jpg
f0116479_11321331.jpg
f0116479_11273933.jpg
f0116479_11261064.jpg


床版を支える鋼板製の主桁。当時の鉄道橋梁のものと同じような形状をしています。
f0116479_11194006.jpg
f0116479_11241419.jpg

中央に張り出したバルコニー。この時代の都市部の橋梁の多くはこのような展望台を備えていました。
f0116479_11263788.jpg
f0116479_11265965.jpg

西日に照らされて橋上に長く影を落とす灯篭。
近代橋梁として架け替えられた大橋の美しい意匠は景観に溶け込み、松江の銘橋として親しまれています。
f0116479_11341846.jpg




by sunshine-works | 2015-08-23 23:57 | 近代建築 島根県 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hardcandy.exblog.jp/tb/24395487
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 千本堰堤/忌部浄水場      興雲閣 >>