2015年 07月 31日
旧制松江高校外国人宿舎(島根大学旧奥谷宿舎)
島根県松江市の近代建築その5

松江城の北東、静かな住宅地の一角にモダンな洋風住宅が残されています。この建物は大正13年に島根大学の前身、松江高等学校の官舎として建てられました。
f0116479_13574847.jpg

木造2階建て、大きな勾配の中折れ屋根、玄関上部に張り出しを設けます。1階外壁を下見板貼り、2階をモルタル投げ塗り仕上げ。各面に並ぶ縦長窓、窓下に添えられた小さな手摺、玄関ポーチの柱飾り等、意匠に優れ見所の多い建物です。
f0116479_13591212.jpg
f0116479_13582380.jpg
f0116479_13594361.jpg

旧制松江高等学校開校の4年後に建てられたこの官舎は、外国人教師とその家族の住居として使われ、戦後島根大学へ移行された後も昭和30年代まで多くの外国人教師が居住しました。(当初は隣接してもう1棟が建てられていましたが、火災により失われています。)
その後も島根大学の施設として利用されましたが、平成21年に竣工当時の姿に復元し、資料館、観光案内所として公開されています。
f0116479_14002389.jpg
f0116479_14001071.jpg
f0116479_14005444.jpg
f0116479_14320119.jpg

側面から裏へ廻ります。
f0116479_14084466.jpg
f0116479_14094679.jpg
f0116479_14102107.jpg
f0116479_14103245.jpg

改装前の写真を見ると各部に改装された形跡がありましたが、竣工当時に近い姿に複されました。
館内の手摺や窓も当初のまま保たれています。
f0116479_14303551.jpg
f0116479_14310646.jpg
f0116479_14311992.jpg


by sunshine-works | 2015-07-31 14:40 | 近代建築 島根県 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://hardcandy.exblog.jp/tb/24306622
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 思い出 at 2015-08-09 23:01 x
旧制松江高校外国人宿舎(島根大学旧奥谷宿舎)に昭和44年から50年ごろまで住んでいました、まだ小学校にあがる前だったせいかこの家はとても怖かったのを覚えています、特に建物の一番奥にあった様式のトイレとシャワーがひとつになった部屋が怖かったですね。

当時の外壁は寂れた感じと大きなイチョウの木があいまって同級生は「お化け屋敷」と呼んでいたので誰も遊びに来ませんでした。本当に懐かしく思い出がたくさん詰まった家です、できればもう一度住みたいくらいです、今回こちらの家を掲載された事に感謝いたします。
Commented by sunshine-works at 2015-08-15 11:08
思い出さん コメント有難うございます。
案内パンフレットには改装前の古い写真もありましたが、「お化け屋敷」と呼ばれたとは想像つきませんでした。綺麗に修復された現在の姿とはだいぶ様子が違っていたようですね。


<< 愛隣会館(旧松江育児院礼拝堂)      旧山陰道産業社屋 >>