2015年 05月 09日
撥雲洞(栗田トンネル)
京都府宮津市の近代建築その5

宮津の市街地から舞鶴方面を結ぶ県道を東へ。脇道を進んで程なく、小高い丘を隧道がくぐります。
栗田半島の付け根に掘られたこのトンネルは明治19年に開通しました。
f0116479_14250524.jpg
幅約5メートル、長さ120メートル余。両側に切石のポータル、内部は素彫りの岩盤にモルタル塗布。
明治初期、府の事業として進められた京都-宮津間道路整備の最終段階に竣工したこのトンネルは京都府内に残る近代隧道の中で最古のものと思われます。
f0116479_14253099.jpg
f0116479_14254938.jpg
花崗岩を積んだ抗口。宮津側の眺めです。
両脇にピラスター、パラペットには「撥雲洞」の扁額を掲げます。
f0116479_14262025.jpg
f0116479_14263560.jpg
f0116479_14291740.jpg
ピラスターと翼壁の詳細
f0116479_14271603.jpg
f0116479_14273855.jpg
f0116479_14281058.jpg
f0116479_14283632.jpg
内部は車両1台が通れる程度の幅。内壁の一部は岩盤が剥き出しの箇所もあります。
f0116479_14300613.jpg
f0116479_14302408.jpg
舞鶴側の抗口。「農商通利」の扁額が揚げられています。
f0116479_14334612.jpg
f0116479_15563014.jpg
f0116479_15581990.jpg
f0116479_15573096.jpg
f0116479_15575346.jpg
f0116479_15584126.jpg
旧道となった現在は行き交う車も疎らですが現役施設。
明治初期の隧道が今尚使い続けられている数少ない事例です。
f0116479_15590724.jpg


by sunshine-works | 2015-05-09 23:53 | 近代建築 京都府 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hardcandy.exblog.jp/tb/23990916
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 京丹後鉄道 由良川橋梁      旧橋北汽船本社建物(丹海バス案内所) >>