2015年 05月 01日
旧橋北汽船本社建物(丹海バス案内所)
京都府宮津市の近代建築その4

北近畿タンゴ鉄道宮津駅の北西、現在はバスの案内所として使われている古い木造建築が残されています。
この建物は、天の橋立を結ぶ観光船の運営会社、橋北汽船の本社として大正12年に建てられました。
f0116479_10312877.jpg
宮津中心部の海岸沿いを貫く通りに面して建つ木造下見板貼2階建。
元々は汽船会社の事務所建物でしたが、現在は改装され、関連のバス会社の施設として使われています。
f0116479_10320206.jpg
コーナーに立地、角を落として入口を設けます。
美しいラインを描く下見板の外壁、等間隔に並ぶ縦長の上げ下げ窓、1階と2階の間に巡らせた庇、張り出した軒、各面や窓周りを囲む枠組。
当時のモダンな木造洋館の意匠が良く保たれています。
f0116479_10323920.jpg
それぞれの側面。左右で長さは異なります。
f0116479_10330827.jpg
f0116479_10333208.jpg
f0116479_10335910.jpg
f0116479_10342045.jpg
f0116479_10350279.jpg


by sunshine-works | 2015-05-01 21:25 | 近代建築 京都府 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hardcandy.exblog.jp/tb/23957289
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 撥雲洞(栗田トンネル)      聖アンドレ教会 >>