2014年 08月 28日
旧岡山県製粉製麺工業協同組合事務所
岡山県笠岡市の近代建築その5

前回紹介した関藤謙治商店から南へ、現在は子ども劇場笠岡センターとして使われている木造の洋風建築が見えてきます。
この建物は、岡山県製粉製麺工業協同組合の事務所棟として建てられました。詳しい逐年は不明ですが、昭和初期に建てられたものと思われます。
f0116479_1412276.jpg

船溜まりを横手に河口へ進んで程なく、住宅地の一角に建つ木造下見板貼、2階建て。
寄棟屋根に洋風の赤瓦を葺きます。
f0116479_141275.jpg

f0116479_141366.jpg

大きく庇を張り出した玄関ポーチ、その上部に軒下まで付柱が伸ばされます。
正面側の窓はサッシに替えられていますが、背面と側面は当時のままの木製窓枠が保たれています。
f0116479_1421547.jpg

f0116479_1423368.jpg

f0116479_1502193.jpg

f0116479_1423480.jpg

f0116479_1422715.jpg

f0116479_1431063.jpg

f0116479_1432154.jpg

f0116479_143255.jpg

f0116479_1442067.jpg

玄関周り詳細。庇を支える角柱はアールデコ風の意匠です。
f0116479_1441491.jpg


f0116479_1444921.jpg

f0116479_145280.jpg

f0116479_1451461.jpg

f0116479_1454433.jpg

f0116479_146244.jpg

f0116479_1472326.jpg


by sunshine-works | 2014-08-28 23:23 | 近代建築 徳島県 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hardcandy.exblog.jp/tb/22803689
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 高原ビル      関藤謙治商店 >>