2014年 07月 30日
日本基督教団笠岡教会
岡山県笠岡市の近代建築その1

山陽本線笠岡駅の北方、住宅街の一角に木造の教会が建っています。
現存するキリスト教会として県内で3番目に古いこの建物は、明治26年に建てられました。
f0116479_095845.jpg

駅前から続く中心街を抜け、商店が途切れた辺りに建つ木造2階建て。
アーチ型の入口を中央に据え、左右シンメトリーに建屋を配置。入口上部に小さなバルコニーを設け、屋根上には鐘楼を載せています。
一部に改修や仕様の変更が見られますが概ね竣工当時の姿を留めており、明治期の儀洋風教会建築の現存例として貴重な存在です。
f0116479_0102794.jpg
屋根上の鐘楼。正面に対して45度の角度で据えられています。
f0116479_0121844.jpg
f0116479_0114736.jpg

f0116479_012629.jpg

f0116479_0434193.jpg

アーチ型の入口。玄関周りは花崗岩の切石で飾られます。
f0116479_0123656.jpg

f0116479_0125340.jpg

f0116479_013618.jpg

f0116479_013209.jpg

f0116479_0133176.jpg

漆喰仕上げの壁面、和瓦を葺いた切妻屋根。
裏側からの眺めは一見和風の趣ですが、屋根上の鐘楼と十字架が違和感なく調和します。
f0116479_040343.jpg

f0116479_0135330.jpg


by sunshine-works | 2014-07-30 23:59 | 近代建築 岡山県 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hardcandy.exblog.jp/tb/22615791
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 旧笠岡町役場(笠岡市議事堂)      旧井笠軽便鉄道新山駅(井笠鉄道... >>