2014年 07月 20日
旧井笠軽便鉄道新山駅(井笠鉄道記念館)
備中の鉄道遺産

笠岡市中心部から北へ延びる県道48号線沿いに、40年以上前に廃線となった民営鉄道の駅舎が残されています。
現在、鉄道資料館として使われているこの建物は、大正2年に井笠軽便鉄道の駅舎として建てられました。
f0116479_0343542.jpg

この旧新山駅舎は、井笠軽便鉄道の最初の路線、笠岡~井原間が開通した大正2年に設置されました。
木造平屋、下見板貼り、一部を漆喰壁で仕上げます。規模としては小さな中間駅で、駅舎も簡素な造り。
当時どこにでも見られた典型的な地方駅舎の姿を伝えます。
f0116479_0352317.jpg

f0116479_0364048.jpg

f0116479_0383375.jpg

f0116479_0354373.jpg

f0116479_0362537.jpg

岡山県では、昭和10年代には既に国鉄路線が縦横に張り巡らされ、更にその空白域を軽便鉄道を前身とするこのような民営路線が補完する、全国屈指の鉄道王国となっていました。
これらの地方鉄道は、戦後の交通事情の変化に伴って縮小、やがて廃止の憂き目を迎える事となりましたが、地域の発展を支える重要な役割を担いました。
f0116479_0361676.jpg

f0116479_0473326.jpg

公開されている駅舎内部。当時の資料や写真が飾られています。
f0116479_0375165.jpg

f0116479_03815.jpg

f0116479_038917.jpg

駅舎の並びには、同線で使われた貴重な車両が展示されています。
f0116479_040984.jpg

f0116479_0403996.jpg

f0116479_0402542.jpg

f0116479_041537.jpg

f0116479_0394170.jpg

f0116479_041394.jpg

f0116479_0414985.jpg

f0116479_042055.jpg

f0116479_042966.jpg


by sunshine-works | 2014-07-20 23:49 | 近代建築 岡山県 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hardcandy.exblog.jp/tb/22580991
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 日本基督教団笠岡教会      山陰本線 竹野~居組間の鉄道施設2 >>