2014年 07月 05日
山陰本線竹野川橋梁・田君川橋梁
但馬の鉄道遺産その7

山陰本線の兵庫県内区間には古い鉄道施設が数多く残されていますが、この中に全国的にも希少な形式の橋桁を持つ2橋が現存します。
豊岡市竹野町の竹野川橋梁と新温泉町浜坂の田君川橋梁には、全国で3例のみとなったラチスガーダー桁が今尚使われています。
f0116479_21445728.jpg

竹野駅南方に架けられた竹野川橋梁。5連のプレートガーダーが渡ります。
ラチスガーダーは、竹野駅側から2連目の桁に用いられています。
f0116479_21463053.jpg

f0116479_3101295.jpg

f0116479_21502425.jpg

f0116479_21455161.jpg

f0116479_2147281.jpg

ラチスガーダーは、従来の鋼板の代わりに、斜めに組んだ鋼材を桁としたもの。
第一次世界大戦の影響で欧米からの大型鋼板の輸入が途絶えた大正後期に開発され、一部で代替的な役割を果たしたものの、その後は廃れていきました。
現存するのは但馬のこの2橋と山口県の1例のみとなります。
f0116479_2147193.jpg

f0116479_21474068.jpg

f0116479_21475715.jpg

f0116479_21485379.jpg

ラチスガーダー桁は大正期の拡幅時に設置されたもの。橋脚もこの桁を挟んで異なった仕様となっています。
f0116479_382295.jpg

f0116479_22164026.jpg

f0116479_323445.jpg

f0116479_3204110.jpg

f0116479_3235573.jpg

浜坂駅の東に架けられた田君川橋梁。2連のガーダーの片側にラチスガーダーが用いられています。
f0116479_328111.jpg

田君川橋が架けられたのは同区間が開通した明治45年。
このラチスガーダー桁も竹野川橋梁と同様に大正期に増設されたもので、規模や形状は殆ど同じです。
f0116479_337798.jpg

f0116479_3373592.jpg

f0116479_3375071.jpg

f0116479_338175.jpg

f0116479_341962.jpg

f0116479_3403511.jpg


f0116479_3381745.jpg

f0116479_3384123.jpg

もう片方の桁は開業時に設置されたもの。煉瓦積みの橋台も当初からのものです。
f0116479_343792.jpg

f0116479_3431664.jpg


by sunshine-works | 2014-07-05 23:55 | 近代建築 兵庫県 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hardcandy.exblog.jp/tb/22475190
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 山陰本線 竹野~居組間の鉄道施設1      牟岐線赤石川橋梁 >>