2014年 06月 20日
牟岐線富田川橋梁
徳島の鉄道遺産その15

徳島駅から海部市へ至る牟岐線は、関西との航路が結ばれた小松島港と徳島間の連絡線として敷設された民営路線を前身の一つとし、その歴史は大正初期に遡ります。
徳島市街地から南へ伸びるこの牟岐線の沿線には、開業当初の姿を今尚留める古い鉄道施設が数多く残されています。
徳島の鉄道遺産その15は、開業時の煉瓦橋脚と橋桁が現存する徳島中心部の富田川を渡る橋梁を紹介します。
f0116479_0315682.jpg

牟岐線の前身、阿波国共同汽船による徳島~ 小松島間の開業は大正2年。徳島駅を発した下り線が最初に渡る橋梁が、この富田川橋梁となります。
f0116479_135832.jpg

f0116479_141223.jpg

f0116479_173772.jpg

f0116479_1223123.jpg

川中に3基、地上部分にも煉瓦橋脚が置かれ、プレートガーダー桁を支えます。
プレートガーダーに鉄道省の銘板は無く、「川崎造船兵庫分工場」のプレートが貼られています。同工場は明治末期に開設されているので、この橋梁の開設時に架けられた桁が今尚使われているものと思われます。
f0116479_193792.jpg

f0116479_1102935.jpg

f0116479_12433697.jpg

地上部分に置かれた橋脚。丸みを持たせたイギリス積みの煉瓦橋脚です。
橋の両側にも同様な煉瓦構造物が残ります。
f0116479_12255220.jpg

f0116479_1226528.jpg

f0116479_12415613.jpg

f0116479_12261539.jpg

f0116479_12265411.jpg

f0116479_1226303.jpg

f0116479_12264145.jpg

f0116479_1227696.jpg


by sunshine-works | 2014-06-20 23:36 | 近代建築 徳島県 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hardcandy.exblog.jp/tb/22345624
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 牟岐線勝浦川橋梁      高徳線鮎喰川橋梁 >>