2014年 06月 15日
高徳線鮎喰川橋梁
徳島の鉄道遺産その14

徳島市街へ向かう高徳線は吉野川橋梁の南で支流の鮎喰川を跨ぎます。この鮎喰川橋梁も同区間が開通した昭和10年に架けられました。
f0116479_1050429.jpg

吉野川河畔から繋がる広い河川敷を渡る連続プレートガーダー。
川幅自体は100メートルもありませんが、道路を跨ぎ、畑を横切り、藪を抜けて長々と桁が続いていきます。
f0116479_1122557.jpg

f0116479_1123461.jpg

f0116479_112516.jpg

f0116479_113556.jpg

吉野川橋梁とは短い距離で隣り合います。同時期に竣工した2橋ですが、日本初の3径間連続トラスとなった吉野川橋梁とは対照的に、この鮎喰川橋梁は旧来の単径間プレートガーダー桁が用いられました。
f0116479_14375275.jpg

f0116479_14382024.jpg

f0116479_14393025.jpg

f0116479_1438777.jpg

f0116479_14391918.jpg

f0116479_14383826.jpg

吉野川を跨ぐ吉成駅と佐古駅間は、前身の阿波鉄道時代の未成区間を国有化後に完成させたもの。
プレートガーダーは鉄道省の規格が用いられています。
f0116479_14384825.jpg

f0116479_14385946.jpg

f0116479_14402587.jpg

f0116479_14403453.jpg

2本のコンクリート柱が並ぶ珍しい形状の橋脚。吉野川橋に接続する小橋にも同様の橋脚が使われています。
f0116479_15162099.jpg

f0116479_14394879.jpg

f0116479_15224374.jpg

f0116479_1441287.jpg

f0116479_14405219.jpg

f0116479_1441124.jpg

f0116479_14411713.jpg


by sunshine-works | 2014-06-15 22:53 | 近代建築 徳島県 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hardcandy.exblog.jp/tb/22299310
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 牟岐線富田川橋梁      高徳線吉野川橋梁 >>