2014年 06月 10日
高徳線吉野川橋梁
徳島の鉄道遺産その13

前回紹介した吉野川橋(旧古川橋)から上流側へ約3キロ、この地点にも昭和初期に架けられた重要な橋が現存しています。
高松と徳島を結ぶ高徳線が吉野川を渡るこの橋梁は昭和10年に架けられました。
f0116479_11194183.jpg

広い川幅に据えられた15基のコンクリート橋脚の上を渡る長大な連続トラス橋。
両端を単径間トラス、中間部には4基の3径間連続トラスが渡されます。
3径間トラスの鉄道橋梁として日本初、橋長950mは現在もJR四国管内の河川橋梁として最長の規模を誇ります。
f0116479_11225781.jpg

f0116479_1123374.jpg

f0116479_11234985.jpg

f0116479_11243516.jpg

土手を越え、広い河川敷を横切り、その先の穏やかな川面を延々と橋が渡っていきます。
それまで連絡船が結んでいたこの地点に架けられた吉野川橋梁は、当時の最新技術を駆使した最大級の鉄道橋梁となりました。
f0116479_11272374.jpg

f0116479_11274641.jpg

f0116479_11293131.jpg

f0116479_1342762.jpg

f0116479_11221247.jpg

f0116479_1324165.jpg

f0116479_11214178.jpg
f0116479_132626.jpg

f0116479_1332091.jpg

橋の両端部に架かる単径間トラス。この時代の標準的な規格のものです。
f0116479_1355521.jpg

f0116479_1363513.jpg

f0116479_1364731.jpg

中間部には3径間を跨ぐ長いトラスが用いられました。
f0116479_2324133.jpg

f0116479_139368.jpg

f0116479_1384164.jpg

f0116479_1392766.jpg

吉野川本流に架けられた橋梁の南側には分流を跨ぐプレートガーダー橋が繋げられ、線路は築堤へと導かれます。
f0116479_13134852.jpg

f0116479_13132397.jpg

f0116479_13122865.jpg

f0116479_13125540.jpg

f0116479_13115710.jpg

f0116479_1311953.jpg


by sunshine-works | 2014-06-10 23:31 | 近代建築 徳島県 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hardcandy.exblog.jp/tb/22261642
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 高徳線鮎喰川橋梁      吉野川橋 >>