2014年 06月 05日
吉野川橋
徳島県徳島市の近代建築その3

徳島市街地の北方、吉野川の広い川幅を17連の連続トラス橋が渡ります。
架橋当時東洋一の規模を誇った吉野川橋は昭和3年に架けられました。設計:増田淳
f0116479_12481226.jpg

河口から約5キロの地点、1000メートルを超える対岸まで、延々とトラスが連なります。
当時既に連続トラス橋は各地に架けられていましたが、1000メートル超の道路橋として日本で始めてのものとなりました。
f0116479_12584783.jpg

f0116479_12593980.jpg

f0116479_1374383.jpg

f0116479_12491083.jpg

f0116479_12492383.jpg

f0116479_1250297.jpg

f0116479_12493532.jpg

県北部を結ぶ重要な交通路として渡された吉野川橋ですが、片側1車線と狭く、耐加重も限られる為、昭和47年に下流側に吉野川大橋が架けられました。
以降は幹線の役割を譲る形となりましたが、補修を重ねながら、現在も現役で使われています。
f0116479_12521976.jpg

f0116479_12514179.jpg

f0116479_23164164.jpg

f0116479_23205230.jpg

f0116479_23184511.jpg

複雑に組み合う鉄骨、びっしりと打たれたリベット。洗練された現在の橋とはまた違った味わいがあります。
f0116479_12523874.jpg

f0116479_12531210.jpg

f0116479_12533636.jpg

f0116479_12534799.jpg

f0116479_12542593.jpg

f0116479_12562179.jpg

f0116479_12551660.jpg

f0116479_12545369.jpg

f0116479_12553921.jpg


by sunshine-works | 2014-06-05 23:33 | 近代建築 徳島県 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hardcandy.exblog.jp/tb/22220626
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 高徳線吉野川橋梁      佐古配水場 >>