2014年 04月 26日
金光教教学研究所
岡山県浅口市の近代建築その3

江川三郎八が手掛けた金光教施設を幾つか紹介しましたが、金光教本部を更に南へ進んだ丘陵にも昭和5年に建てられた施設が現存します。
金光教の迎賓施設として建てられ、その後は教学研究所として使われています。
江川三郎八の作品として唯一残る鉄筋コンクリート建物となります。
f0116479_2314080.jpg

鉄筋コンクリート2階建て、塔屋に銅板の方形屋根を葺きます。
f0116479_23203356.jpg

f0116479_2320566.jpg

やや左に設けられた車寄せ。
f0116479_2321617.jpg

f0116479_23211999.jpg

f0116479_2321349.jpg

f0116479_23234236.jpg

f0116479_2323760.jpg

奥側には和風の客殿が並びます。

f0116479_23244998.jpg

f0116479_23214135.jpg

f0116479_2322324.jpg

f0116479_2325686.jpg
f0116479_23343966.jpg

側面・裏側の眺め。
f0116479_23294234.jpg

f0116479_23252272.jpg

f0116479_23255433.jpg

f0116479_2326672.jpg

f0116479_23261772.jpg

f0116479_23262796.jpg

f0116479_23295696.jpg


f0116479_2330866.jpg


by sunshine-works | 2014-04-26 23:55 | 近代建築 岡山県 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hardcandy.exblog.jp/tb/21899157
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 四国電力吉良発電所・切越発電所      金光教徒社 >>