2014年 04月 11日
日本基督教団高屋教会
岡山県井原市の近代建築その4

井原市の西方、高屋地区に大正期の教会堂が現存します。
日本基督教団高屋教会は大正2年に建てられました。
f0116479_1632843.jpg

住宅街の一角に建つ木造平屋、一部2階建て。下見板貼りの和洋折衷様式、切妻屋根に和風の桟瓦を葺きます。
外壁の過半は後年に張替えられていますが、全体の意匠は創建当初の姿を保ちます。
f0116479_1653234.jpg

f0116479_1641368.jpg

f0116479_1642554.jpg

南面に設けられた玄関。切妻屋根の庇を張り出します。
f0116479_166532.jpg

f0116479_1661833.jpg

f0116479_166495.jpg

入口扉の詳細です。
f0116479_1685818.jpg

f0116479_1691196.jpg

f0116479_1692190.jpg

f0116479_169307.jpg

後年の改修で外壁の主要な部分はサイディングに置き換えられていますが、腰周りには当初の下見板が確認出来ます。
f0116479_1694196.jpg

西側側面。
f0116479_16114526.jpg

f0116479_16121612.jpg

玄関庇の詳細。隅瓦には十字架を飾ります。
f0116479_16123694.jpg

f0116479_16124940.jpg

f0116479_161258100.jpg

f0116479_16132068.jpg

敷地の外側から玄関と側面を眺めます。
f0116479_16135041.jpg

f0116479_1614667.jpg


by sunshine-works | 2014-04-11 23:57 | 近代建築 岡山県 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hardcandy.exblog.jp/tb/21757998
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 矢掛町小田の近代建築      日本綿布工場事務所 >>