2014年 03月 26日
矢掛高校明治記念館
岡山県矢掛町の近代建築その2

前回は岡山県井原市の興譲館高校旧講堂を紹介しましたが、隣の矢掛町にも同じ江川三郎八が手掛けた学校建築が現存しています。
現在は部室として使われているこの建物は、旧制矢掛中学時代の大正4年に建てられました。
f0116479_13134079.jpg

木造平屋寄棟造、下見板貼りの上部を漆喰壁で仕上げた小さな建物。
南面入口に切妻屋根の庇を張り出し、東西両面には上げ下げ式の縦長窓を等間隔に並べます。
小規模な建物ですが、一連の江川作品に共通する意匠が随所に見られます。
f0116479_13135976.jpg

f0116479_13141213.jpg

f0116479_13225035.jpg

f0116479_13142622.jpg

f0116479_13214711.jpg

玄関廻り。
f0116479_131888.jpg

f0116479_13182582.jpg

f0116479_13184710.jpg

f0116479_1319585.jpg

f0116479_13191775.jpg

f0116479_13192878.jpg

窓の上下には凝った装飾が添えられています。
f0116479_132022.jpg

f0116479_1320145.jpg

f0116479_13203135.jpg


by sunshine-works | 2014-03-26 23:57 | 近代建築 岡山県 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hardcandy.exblog.jp/tb/21642626
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 金光学園講堂      興譲館高等学校旧講堂 >>