2014年 02月 11日
豊岡復興建築 その1
豊岡の近代建築その9

豊岡の中心部には、大正末期から昭和初期に建てられた近代建築が数多く残されています。
その殆どは大正14年の北但馬地震で大きな被害を被った中心市街地の再建時に建てられたもので、前3回で紹介した公共建築の他に、商店街に並ぶ多くの商業建築が耐火性に優れたコンクリート造や看板建築で建てられました。
今回と次回に亘ってこれら一連の復興建築群を紹介します。
f0116479_10125596.jpg

中心街の大開通りの南に平行する生田通りに建つ小さなコンクリート建築。
元々は店舗あるいは事務所だったと思われます。
f0116479_10193246.jpg

f0116479_1019492.jpg

f0116479_102014.jpg

同じく生田通りの建物。
f0116479_10203267.jpg

東へ進んだ場所に建つこの建物も、当初事務所ビルとして建てられたと思われます。
f0116479_1021991.jpg

f0116479_10212042.jpg

f0116479_10213735.jpg

f0116479_10215155.jpg

f0116479_1022293.jpg

f0116479_10221273.jpg

豊岡の中心市街地の東を南北に通じる宵田通りにも多くの復興建築が現存します。
f0116479_10225576.jpg

f0116479_10231354.jpg

f0116479_10232597.jpg

f0116479_10235161.jpg
f0116479_10234199.jpg

f0116479_1024594.jpg

メダリオン、テラッコッタで飾られた建物。
f0116479_10251740.jpg

f0116479_10252996.jpg

交差する大開通りを渡って北へ。
銀行店舗として建てられた建物。この建物については後日改めて紹介します。
f0116479_23172730.jpg

コンクリート造、あるいは看板建築という括りからは外れますが、存在感のある和風建築です。
f0116479_102764.jpg

f0116479_10271841.jpg

f0116479_10272993.jpg

f0116479_10273934.jpg

通りを更に北へ。
結納用品店舗として今も使われている建物です。
f0116479_1028418.jpg

f0116479_10282078.jpg

現在は個人宅として使われているこの建物も、事務所または店舗として建てられたと思われます。
f0116479_0282928.jpg

宵田通りから東へ抜けた地点に残る旧豊岡劇場。最後は映画館として使われましたが、近年閉鎖されました。
f0116479_10344932.jpg

f0116479_10335270.jpg

f0116479_1035428.jpg

f0116479_10351834.jpg

f0116479_10353127.jpg

次回は大開通りの復興建築を廻ります。

by sunshine-works | 2014-02-11 23:57 | 近代建築 兵庫県 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hardcandy.exblog.jp/tb/21407245
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 豊岡復興建築 その2      旧兵庫県農工銀行豊岡支店(豊岡... >>