2014年 01月 16日
旧出石郡役所
豊岡の近代建築その4

古い家並みが続く出石町の中心部に、明治期に建てられた郡役場が残されています。
現在資料館として公開されているこの建物は、明治25年に旧出石郡役場として建てられました。
f0116479_13324987.jpg

木造2階建て、下見板貼り。寄棟屋根には和風瓦を葺いた和洋折衷様式。
ギリシア風の円柱が支える庇に三角破風を立ち上げ、縦長窓の上部にも同型の破風を飾ります。
明治期に各地に建てられた地方役場の特徴的な姿を良く留めています。
f0116479_1333267.jpg

f0116479_13334478.jpg

郡制が敷かれていたのは明治中期から大正までのおよそ30年。期間が短かった事もあって郡役場の現存例は少数ですが、兵庫県内には他に3例(旧美方郡役所、旧神埼郡役所旧三原郡役所)と多くが残っています。
これらは築年に違いがあるものの、共通する意匠が多く、統一規格があったとも思われます。
f0116479_13335860.jpg

f0116479_13342625.jpg

庇を飾る破風の詳細。
f0116479_1335215.jpg

f0116479_13355733.jpg

f0116479_13352778.jpg

f0116479_13373332.jpg

玄関廻りを側面から。
フルーティングを施したコリント式円柱が並びます。
f0116479_13362188.jpg

f0116479_13364187.jpg

f0116479_1336503.jpg

f0116479_13371740.jpg

f0116479_13375286.jpg

f0116479_13382328.jpg

建物裏手。
正面の間口は然程広くは在りませんが、奥行きが長い建物です。
f0116479_13412641.jpg

f0116479_13413589.jpg

f0116479_13415010.jpg

f0116479_1342317.jpg


by sunshine-works | 2014-01-16 23:57 | 近代建築 兵庫県 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hardcandy.exblog.jp/tb/21277791
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 豊岡高校達徳会館(旧豊岡中学校本館)      旧日高町公会堂 >>