2013年 12月 25日
宇野線の橋梁2
備前の鉄道遺産

前回に引き続いて宇野線の煉瓦・石積み橋梁探訪。今回は茶屋町駅から終点宇野駅までを紹介します。
f0116479_10575031.jpg

茶屋町駅を過ぎて南へ。小川や用水路を渡る開渠が連続します。
このような小さな橋梁にも弧状煉瓦が使われています。
f0116479_1152460.jpg

f0116479_115459.jpg

f0116479_1165758.jpg

f0116479_1173096.jpg

f0116479_1174634.jpg

瀬戸大橋線と分岐した宇野線が植松川を渡る橋梁。この橋梁も開業当時の煉瓦構造物が現存します。
f0116479_11122096.jpg

f0116479_11125178.jpg

f0116479_11131316.jpg

f0116479_11133097.jpg

f0116479_11134520.jpg

f0116479_11135645.jpg

f0116479_11141094.jpg

f0116479_11143135.jpg

植松川を渡った先の住宅街の中に残る避溢橋。
f0116479_11194748.jpg

f0116479_1121114.jpg

f0116479_11214124.jpg

f0116479_1122141.jpg

f0116479_11223331.jpg

八浜駅の先、溜池を渡る箇所に架けられた橋梁。
f0116479_1128710.jpg

f0116479_11281958.jpg

備前田井駅手前の橋拱。開業時の施設で唯一現存するコンクリートアーチの構造物となります。
f0116479_11322112.jpg

f0116479_11343055.jpg

f0116479_11324517.jpg

f0116479_1133974.jpg

f0116479_1133257.jpg

花崗岩が貼られた内壁。
f0116479_11334230.jpg

f0116479_11335159.jpg

田井橋拱を抜けて宇野の市街地へ。住宅街脇の築堤が道路や小川を跨ぐ地点に明治期の橋梁が連なります。
f0116479_12385028.jpg

f0116479_1239183.jpg

f0116479_12393535.jpg

f0116479_12395118.jpg

f0116479_12401373.jpg

f0116479_12412092.jpg

f0116479_12413430.jpg

f0116479_12415786.jpg

f0116479_1242616.jpg

f0116479_12421973.jpg

f0116479_124258100.jpg

f0116479_1243767.jpg

f0116479_12424473.jpg

終点宇野駅近く、汐入川を渡る橋梁。
f0116479_1244253.jpg

f0116479_12441940.jpg

f0116479_12443251.jpg

f0116479_1245352.jpg


by sunshine-works | 2013-12-25 23:59 | 近代建築 岡山県 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hardcandy.exblog.jp/tb/21155607
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 旧日高町役場      宇野線の橋梁 >>