2013年 12月 10日
山陽本線吉永~上道間の鉄道橋梁
備前の鉄道遺産

山陽本線の前身となった山陽鉄道の岡山延伸は明治24年。
3月に兵庫県西部から岡山駅までが開通、次いで倉敷、笠岡と延伸を重ね、同年中に県内区間が全通します。
重要幹線としての役割を担ったこの山陽本線は、その後に路線の付け替えや改修を重ねた為、現存する開業時の遺構の多くが失われていますが、県東部の区間には当時の面影を留める橋梁が点在しています。
以前には三石駅周辺の煉瓦拱渠を紹介しましたが、今回はその先の吉永~上道駅間の煉瓦・石積橋梁を紹介します。
f0116479_14105539.jpg

吉永駅と和気駅の中間で渡る日笠川橋梁。橋脚や橋台の一部に、開業時の煉瓦構造が使われています。
f0116479_14184373.jpg

煉瓦橋梁が残るのは上り線として使われている上流側。下流側にコンクリート橋脚が並びます。
その上に渡される橋桁は開業当時のものではありませんが、鉄道省の銘板が貼られた古い規格のものです。
f0116479_14191587.jpg

f0116479_14195063.jpg

f0116479_14193116.jpg

f0116479_14201623.jpg

f0116479_14202889.jpg

f0116479_14205422.jpg

f0116479_1420368.jpg

f0116479_14211326.jpg

橋を渡って暫らくは築堤の上を進みます。
この区間には道路や河川を通す拱渠や架道橋が続きます。
f0116479_10431386.jpg

f0116479_10432479.jpg

f0116479_10441373.jpg

花崗岩の切石を積んだ拱渠。
同じ山陽鉄道時代の工区ですが、煉瓦積み・石突積みの双方が混在しています。
f0116479_10462459.jpg

f0116479_10463643.jpg

川田川を渡る橋梁にも石積みの橋台が使われています。
f0116479_1050658.jpg

f0116479_10502443.jpg

上り線側が煉瓦、その後に拡幅された下り線側にはコンクリートの擁壁が並んでいます。
f0116479_1115671.jpg

f0116479_1122487.jpg

f0116479_1113376.jpg

f0116479_112754.jpg

瀬戸駅近くの馬渡川橋梁。
f0116479_11113448.jpg

f0116479_11111677.jpg

f0116479_1112495.jpg

f0116479_11121732.jpg

f0116479_11122826.jpg

その先の区間にも小さな架道橋が連続します。
f0116479_11145425.jpg

f0116479_11151774.jpg

f0116479_11154195.jpg

f0116479_11163655.jpg

f0116479_11155338.jpg

瀬戸駅と上道駅中間の半円アーチの架道橋。
f0116479_11505378.jpg

f0116479_11513239.jpg

f0116479_11514846.jpg

f0116479_11515916.jpg

f0116479_1152724.jpg

f0116479_11522372.jpg

f0116479_11523478.jpg

百田川架道橋、一ツ木川橋梁へと進んで岡山の市街地へ。煉瓦・石積み橋梁はここで一旦途切れます。
f0116479_1153330.jpg

f0116479_11531960.jpg

f0116479_115327100.jpg


by sunshine-works | 2013-12-10 19:13 | 近代建築 岡山県 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hardcandy.exblog.jp/tb/21054274
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 山陽本線旭川橋梁      山陽本線熊山駅跨線橋 >>