2013年 12月 05日
山陽本線熊山駅跨線橋
備前の鉄道遺産

鉄道院の跨線橋を3回続けて紹介しましたが、岡山県東部、赤磐市の熊山駅にも鉄道院時代の跨線橋支柱が現存します。
この跨線橋は当初山陽本線の瀬戸駅に設置されていたもので、昭和35年に移設されています。
f0116479_10314655.jpg

明治45年の瀬戸駅開業時に設置された跨線橋。
支柱には「鉄道院」「明治45年 横川橋梁製作所」の銘が刻まれています。
f0116479_10323813.jpg

f0116479_10325710.jpg

f0116479_10331447.jpg

f0116479_10343874.jpg

岡山県内にはもう一例、山陽本線金光駅に鉄道院の跨線橋(大正4年)が現存しますが、金光駅の跨線橋も横川橋梁が製造しています。
f0116479_10352666.jpg

f0116479_10341042.jpg

跨線橋の全景。
屋根は葺き替えられていますが、外壁は明治期の姿を留める羽目板仕様のままです。
f0116479_10561029.jpg

f0116479_1127124.jpg

f0116479_10573853.jpg

f0116479_10575711.jpg

f0116479_1059828.jpg

f0116479_1059453.jpg

f0116479_11284895.jpg

支柱の側面と背面。
構造や部材はこれまでに紹介した鉄道院の跨線橋と全く同じです。
f0116479_1115637.jpg

f0116479_1112915.jpg

f0116479_1124422.jpg

f0116479_1122580.jpg

f0116479_113467.jpg

f0116479_1142096.jpg

f0116479_1144065.jpg

f0116479_118165.jpg

f0116479_1058734.jpg

跨線橋内部の様子。
岡山県内では数少ない板貼りの跨線橋です。
f0116479_1191586.jpg

f0116479_11101130.jpg

f0116479_11105814.jpg

f0116479_11102512.jpg


by sunshine-works | 2013-12-05 23:52 | 近代建築 岡山県 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hardcandy.exblog.jp/tb/21019827
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 山陽本線吉永~上道間の鉄道橋梁      山陰本線竹野駅跨線橋 >>