2013年 11月 15日
徳島線鮎喰川橋梁
徳島の鉄道遺産その10

徳島市西部の鮎喰~府中間で徳島線は吉野川支流の広い河川敷を渡ります。
この鮎喰川橋梁も前回紹介した川田川橋梁と同時期に架けられたものです。
f0116479_9371471.jpg


川幅300メートルを超える鮎喰川を楕円橋脚が支える20連のプレートガーダーが渡ります。
桁の形式は川田川橋梁と同じポーナル桁、楕円橋脚は大正期以降のコンクリート橋脚に見えますが、竣工時の煉瓦橋脚にコンクリートを被せて補強したもので、元々は川田川橋梁と同じタイプの煉瓦橋脚が使われていました。
f0116479_9324053.jpg
f0116479_9331464.jpg
f0116479_9341169.jpg

広い川幅に等間隔で並ぶ橋脚。
f0116479_9351334.jpg
f0116479_9375915.jpg

橋脚のすべてがコンクリートで補強された楕円形状のもの。この補強工事は昭和11年に実施されています。
この例から察すると、現存する古い時代のコンクリート橋脚の中には、このように煉瓦あるいは石積の橋脚にコンクリートを巻きたてて使われているものが数多いのではないでしょうか。
見た目には当初からコンクリートで造られた橋脚と殆ど見分けが付きません。

f0116479_932130.jpg

f0116479_949996.jpg
f0116479_95066.jpg
f0116479_9484456.jpg
f0116479_9493994.jpg

徳島鉄道時代の橋梁に使われていたポーナル桁。
イギリス製のポーナル桁や鉄道院規格のものとは異なる、徳島鉄道独自のものです。
f0116479_951929.jpg
f0116479_9514630.jpg
f0116479_9515735.jpg
f0116479_9522644.jpg
f0116479_9524094.jpg


by sunshine-works | 2013-11-15 23:57 | 近代建築 徳島県 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hardcandy.exblog.jp/tb/20838438
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 徳島線石井駅跨線橋      徳島線川田川橋梁 >>