2013年 10月 30日
山陰合同銀行根雨支店(旧雲陽実業銀行根雨支店)
鳥取県日野郡の近代建築その2

出雲街道の宿場として栄えた日野郡根雨町の中心部に、昭和初期に建てられた銀行建物が今尚現役で使われています。
この建物は、現在の山陰合同銀行の前身の一つ、雲陽実業銀行の店舗として昭和4年に建てられました。
f0116479_2085687.jpg

旧街道に面して建つ木造モルタル2階建て。
玄関の両側に窓1面の幅を加えた、間口10メートル足らずの建物です。
壁面は全面化粧タイル貼り、玄関庇から2階の軒下に付柱を通し、中央のペディメントにオーナメントを飾ります。
庇の持送りや四方の軒下に飾られる半球を連ねたレリーフ、コーニス下に並ぶディンティル、上下の窓間の装飾等々、小さな建物ですが、当時流行の建築様式が各部に盛り込まれています。
f0116479_20404490.jpg

鳥取県内で同時代に建てられた小規模銀行店舗の現存例として、旧日本産業貯蓄銀行倉吉支店が在りますが、正面側の意匠には多くの類似点があります。
f0116479_2039059.jpg

f0116479_20392355.jpg

f0116479_20394240.jpg

f0116479_8395138.jpg

f0116479_20432474.jpg

f0116479_20403447.jpg

建物側面
f0116479_20475555.jpg

f0116479_8401250.jpg

f0116479_2049134.jpg

現在は山陰合同銀行根雨支店として使われているこの建物は、戦前に建てられた鳥取県内の銀行店舗の中では現役で使われている唯一の事例です。
このように小規模な古い銀行店舗は老朽化や支店の統廃合によって閉鎖される例が多く、全国的にも数少ない現存例です。
f0116479_20493091.jpg


by sunshine-works | 2013-10-30 23:53 | 近代建築 鳥取県 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://hardcandy.exblog.jp/tb/20691583
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 太郎 at 2013-11-03 10:10 x
こんにちは!
いい状態で現役なのが
うれしいですね!
Commented by sunshine-works at 2013-11-09 22:36
太郎さん こんばんは。
なんと言っても建物は当初の用途で使われ続ける事が一番です。
いつまでもがんばってもらいたいですね。


<< 徳島線半田川橋梁/穴吹川橋梁      旧北室医院 >>