2013年 08月 25日
貞光劇場
徳島県つるぎ町の近代建築その1


現在はつるぎ町の一部を為す旧貞光町の中心部に昭和初期に建てられた劇場が残されています。
昭和7年に建てられたこの貞光劇場はその後映画館に転じた後も80年に渡って営業を続けましたが、平成23年に休館となりました。
f0116479_18115280.jpg

貞光町の中心部、表通りから横手方向に木造2階建ての大きな建物が見えてきます。
徳島に現存する芝居小屋として最古、映画館としても最も長く続いた劇場でした。
f0116479_18515523.jpg

f0116479_184956.jpg

f0116479_1851023.jpg

大きな妻面のファサードから一段下がってアーチ型の玄関ポーチを構えます。
アーチ上部には幅いっぱいに引き違い窓を配し、両側面にそれぞれ二つのアーチ窓を並べます。
f0116479_18124450.jpg

f0116479_18132190.jpg

基本は南京風下見板、一部は縦方向の羽目板貼り。
外壁の塗装は竣工時から変わらぬ鮮やかな水色を保ちます。
f0116479_18122166.jpg

f0116479_18141286.jpg

f0116479_18143040.jpg

入口中央の券買窓口。映画館時代に設けられたものと思います。
f0116479_18151856.jpg

f0116479_18475371.jpg

入口上部には閉館時に掲げられていた映画ポスターが色褪せた状態で残されています。
f0116479_18532775.jpg

f0116479_18542348.jpg

f0116479_1855336.jpg

地方劇場の多くは映画館に転じて暫くは命脈を繋ぎますが、規模や設備に於いて遅れを取り、その殆どは休業・閉館の途を辿る事となります。
現在は休館となっているこの貞光劇場ですが内部は劇場時代の姿を良好に留めており、昭和初期の地方劇場を伝える貴重な資料として残ります。
f0116479_18492696.jpg


by sunshine-works | 2013-08-25 19:53 | 近代建築 徳島県 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hardcandy.exblog.jp/tb/20258165
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 脇町劇場(オデオン座)      みなと湯 >>