2013年 08月 20日
みなと湯
岡山県倉敷市の近代建築その18

倉敷市玉島の古い街区の一角に、昭和初期に建てられた銭湯が残されています。
銭湯らしからぬ洋風ファサードを持つこの建物は昭和2年に建てられました。
f0116479_18525542.jpg

町の中心部、商店街の間に鎮座する神社の階段脇に建つ赤茶色のモダンな建物。
入口のみサッシに換えられていますが、その他は殆ど昭和初期の竣工当時の姿を留めます。
f0116479_18532476.jpg

f0116479_18535076.jpg

正面の壁を飾る白塗りの丸や四角の浮彫。看板を嵌め込んだコーニスの下には鋸刃状の飾りを添えます。
破風に記された紋は屋号でしょうか。
f0116479_1854744.jpg

f0116479_18541965.jpg

f0116479_18543491.jpg

f0116479_18552658.jpg

平成10年まで営業を続けていましたが、その後は閉ざされたまま。
然程年数が経っていないので状態は良好のようです。
f0116479_1857765.jpg

f0116479_18572921.jpg

f0116479_18544945.jpg

神社の石段から側面を伺います。2階側面の窓は三角のファンライトを持つ縦長窓。
f0116479_1858453.jpg

石段の上方から見ると、内側に和風の切妻屋根が現れます。
正面と側面を洋風に仕上げた「看板建築」に分類される建物です。
f0116479_18583329.jpg

f0116479_18584997.jpg

f0116479_1859691.jpg

f0116479_18595823.jpg

年々その数を減らして行く町中の銭湯の中でもこのような洋風意匠の建物は希少なものです。
伝統文化の上にモダンな文化が根付いた当時の玉島の先進性を今に伝えます。
f0116479_18592261.jpg


by sunshine-works | 2013-08-20 23:14 | 近代建築 岡山県 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://hardcandy.exblog.jp/tb/20234385
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 貞光劇場      大原美術館 >>